Macの問題、スリープ後にウィンドウが移動して小さくなる

Macの問題、スリープ後にウィンドウが移動して小さくなる

外付けモニタが接続されているMacを使用していて、アプリケーションウィンドウの一部がスリープ状態から復帰した後に再配置されたり、サイズが変更されたりしているのは、あなただけではありません

AppleはこのエラーをいくつかのバージョンのmacOSでは修正できていません、この問題の一部は、すでに2018年にmacOS Big Surで報告されていました

このエラーは、Adobe社のアプリケーションで特に頻繁に発生するため、当初は多くのユーザーがアAdobe社で不具合の原因を探していました

一般的には、「Photoshop」や「Illustrator」などのAdobe製品や「Google Chrome」など、一部のオープンソース製品が影響を受けています、ほとんどの場合、プログラムウィンドウは縮小され、画面の高さの約5分の1だけ下に移動します

スポンサーリンク


SafariやMailのようなAppleのプログラムは通常、スリープから覚めた後に元の位置で正しく表示されますが、上記のような他のプログラムは常に影響を受けるという事実は、Apple自身ではなく開発者がトラブルシューティングする必要があるという誤った印象を与えます

しかし、Appleのアプリケーションも上述の不正行為の影響を受けないわけではありません、例えばMacの「Apple Music」アプリでは、スリープモードから目覚めるとアプリケーションウィンドウが小さくなるという報告が定期的に寄せられています

特殊なハードウェア群が原因である可能性も否定できせん、ただし、これまでのところ、Appleプロセッサーを搭載したMacのユーザーからのエラー報告しか確認されていません

一方で、外部ディスプレイのメーカーやタイプはあまり影響を与えていないようで、Appleの忠実な顧客をいらだたせることに、このエラーは新しいMac StudioとAppleのStudio Displayとのやりとりの中で再現されることさえあります

Appleはこの間、何度かこの不祥事を知らされましたが、今のところエラーを修正することはできず、メーカーもコメントを控えています

私の経験

以前の、iMac 5K + LG 27UK850Wではこの問題を経験したことはなかったのですが、Mac Studio + Studio Display + LG 27UK850Wに代えてからこの問題を経験しました

サブディスプレイとして使っているLG 27UK850Wに表示しているアプリのウィンドウがスリープから復帰した時にメインのStudio Displayに表示されてしまうと言うことを何度も経験しています

(Via ifun.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)