Appleは21.5インチiMacの特定の構成を削除している可能性も

Appleは21.5インチiMacの特定の構成を削除している可能性も

先週、21.5インチのiMacの一部の構成がApple Storeのウェブサイトで利用できなくなっていると報じられていました

512GBと1TB SSDのどちらの構成も利用できないということで、2021年に発売が予定されている再設計されたiMacの発売について、さらなる噂が飛び交っていました

Appleのサプライチェーンに精通している長年のAppleInsiderの情報筋は、AppleがiMac 4Kの512GBと1TB SSD構成の生産を停止したと伝えています

さらに、両モデルはAppleのウェブサイト上で「現在注文できません」と新たに記載されています
IMac 21 5 4K 00002
256GB SSDモデルと1TB Fusion Driveモデルは、多少のリードタイムはかかるものの、現時点では購入可能な状態が続いています

スポンサーリンク


他のiMac 4Kモデルが現在利用可能であることを考えると, それはAppleが2つのモデルの生産を停止した理由を正確には不明です

しかし、生産停止は以前に考えられていたよりも早く2021でリフレッシュの前触れかもしれません

Appleは、21.5インチと27インチのiMacの両方を置き換えるモデルを含め、2021年のために再設計されたiMacに取り組んでいると繰り返し言われてきました

新しいiMacは、Pro Display XDRを彷彿とさせるデザインを持ち、新しいカラーオプションが用意される可能性があります

理論的には、AppleはiMacをリフレッシュしながら、Fusion Driveと256GBモデルを教育機関や企業の顧客に提供し続けることができます

アップデートされたiMacのリリース時期については、現在のところ、2021年のいつか以外の確固たるタイムラインはありません

(Via Apple Insider.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)