macOS Big Sur 11.3では一部の地域でRosetta 2がM1 Macから削除される可能性がある

macOS Big Sur 11.3では一部の地域でRosetta 2がM1 Macから削除される可能性がある

今後リリースされるmacOS 11.3ソフトウェアアップデートをM1 Macにインストールすると、世界中の一部の地域でRosetta2が削除される可能性があります

本日、開発者に配布されたmacOS 11.3 beta 3で、MacRumorsの寄稿者Steve Moser氏がベータのコードから「この更新プログラムをインストールすると、Rosettaは削除される」ことを示す新しい文字列を発見しました

別の新しい文字列には、「Rosettaはこの地域では利用できなくなりました。Rosettaを必要とするアプリケーションは実行されなくなります」と表示されます

Appleは、Rosetta 2が「利用できなくなる」地域を特定しておらず、現時点では詳細は不明です

スポンサーリンク


Rosetta 2は、M1チップのようなApple Siliconを搭載したMacで、IntelベースのMac用に開発されたx86アプリケーションを実行できるようにします

変換レイヤーは、ユーザーがIntelプロセッサーを搭載したMacコンピューター専用にコンパイルされたアプリを開くとバックグラウンドで機能し、アプリを初めて実行したときにApple Siliconで使用するためにアプリを自動的に変換します

一部の地域で、macOS11.3がM1 MacでRosetta2を削除する理由は不明ですが、法的または著作権上の理由が関係している可能性があります

Moser氏のコードレベルの調査結果によると、macOS 11.3の第三ベータ版では、ゲームコントローラボタンをキーボードレイアウトにマッピングするための画像設定がいくつか追加されていますが、これが何を意味するのか完全には分かっていません

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)