Apple Silicon MacBook Proの移行は2020年後半に開始、新モデルは2021年後半になる

Apple Silicon MacBook Proの移行は2020年後半に開始、新モデルは2021年後半になる

Ming-Chi Kuo氏は、AppleがMacBook ProをApple Siliconに移す順序を知っていると主張しており、リデザインされた14インチモデルや16インチモデルがいつ発売されるのかを含めて、AppleがMacBook ProをApple Siliconに移すことになるのではないかと述べています

AppleInsiderが入手した投資メモによると、アナリストのMing-Chi Kuo氏は、AppleのどのサプライヤーがApple Siliconへの移行によって最も恩恵を受けるのか、また、どの新モデルや再設計されたMacBook Proの製造が期待されているのかを詳細に説明しています

Kuo氏は次のように述べています

筐体のサプライヤーは、まったく新しいフォームファクターデザインを搭載したApple SiliconおよびMacBook Proモデルによって後押しされた堅牢なMacBook出荷の勢いから恩恵を受けるでしょう

スポンサーリンク


Kuo氏は、一部のモデルが現在のレンジよりも低い価格帯で販売される可能性があると推測しています、同氏は、それが製造量が増えたことによるコスト削減のためかどうかは明言していませんが、Appleがインテルにプロセッサの代金を支払う必要がなくなることは間違いありません

楽観的なシナリオでは、AppleがApple SiliconのMacBook Airの価格を下げてコスト削減を反映させ、新設計の14インチと16インチのMacBook Proが旧型MacBook Proよりも優れていれば、出荷台数は2021年には1,800万~2,000万台と大幅に伸びると予想しています

これらの2021年の数字は、「予想以上のMacBook Airの需要とワーク・オブ・ホーム需要の伸びにより、2020年には1,600万~1,700万台が販売される」というKuo氏の予測と比較しても遜色ありません

(Via Apple Insider.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)