iOSアプリが落ちる原因はFacebook SDKが原因のようです

iOSアプリが落ちる原因はFacebook SDKが原因のようです

5月に見たのとほぼ同じ状況で、Facebook SDKのバグにより、TikTokやSpotifyなどの主要なサードパーティ製iOSアプリが起動時にクラッシュするという事態が再び発生しています

サードパーティのアプリはFacebook SDKと統合して、アカウントログイン、分析、広告プラットフォームの統合などを可能にしています

基盤となるFacebook SDKのロジックに問題が発生すると、それを使用しているすべてのアプリに反映されます、5月の状況と同じように、Facebook部分の予期しない無効なデータの不適切な処理がクラッシュの原因となっています

Facebook SDKは非常に人気があり、iOSアプリのエコシステムで広く使われているため、この問題を劇的に悪化させています、お気に入りのアプリがクラッシュすることに気づいたなら、おそらくこれが原因でしょう

影響を受けたアプリには、Spotify、Pinterest、TikTokなどがあります

スポンサーリンク


Facebookは問題を調査中で、数時間以内にサーバー側の問題を修正する可能性が高いと述べています

個人ユーザーとしては、問題が解決するのを待つ以外にできることはあまりありません、一部のユーザーは機内モードでアプリを正常に起動することができると指摘していますが、ほとんどのアプリが機能するにはネットワークアクセスが必要なので、これはほとんど役に立たないでしょう

(Via 9to5Mac.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)