Apple、Zoomのパートナーから安全でないソフトウェアを削除するために再び「サイレント」セキュリティ更新プログラムをプッシュ

Apple、Zoomのパートナーから安全でないソフトウェアを削除するために再び「サイレント」セキュリティ更新プログラムをプッシュ

「サイレント」セキュリティ更新プログラム

Appleは、「RingCentral」と「Zhumu」によって自動的にインストールされたソフトウェアを削除するためにMacに「サイレント」セキュリティ更新プログラムをプッシュしています

「RingCentral」と「Zhumu」は、どちらもZoomの技術を使用しています、したがって、Zoomのセキュリティ上の欠陥もありました

Appleは、Zoomのすべてのパートナーアプリの問題を解決する予定です

これらの追加の問題はZoomのパートナーアプリのさらなる調査から生じました、しかし、潜在的に安全でない可能性があるZoomがセカンダリWebサーバをインストールすることの大きな問題は7月8日のゼロデイ開示から始まりました

それ以来、Zoom自体が、ユーザーにとって正しい解決策を模索しています

メインアプリをアンインストールしたユーザー向けのソフトウェアを削除できなかったため、Appleが介入しなければなりませんでした

Appleは7月10日にZoomの追加ソフトウェアを削除する最初のサイレントパッチを発表し、今日のアップデートは本質的に同じ緩和策の一部です

この問題の主な問題は、Apple が Safari に対して行ったセキュリティ更新プログラムを回避するために、Zoom がビデオ会議ソフトウェアに変更を行ったことです

スポンサーリンク

アップデートされたのは

今回の「サイレント」セキュリティ更新プログラムで、それぞれ次のようにアップデートされています

  • Gatekeeper 171 → 172
  • EFIcienC20190717 00004 z

  • MRT 1.45 → 1.46
  • EFIcienC20190717 00005 z

確認方法

このアップデートがインストールされているかどうかを確認するには、「このMacについて」から「システム情報」を開き、「ソフトウェア」の下の「インストール」項目を選択します

表示されれば、ソートを「インストール日」の新しい順にすると確認することができます

スポンサーリンク

「サイレント」セキュリティ更新プログラムをインストールする方法

確認して未だ古いバージョンであれば、無料のアプリ「EFIcienC」を使ってインストールすることができます

EFIcienC20190717 00001 z

アップデート後は、Macを再起動することが必要です











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)