MacBook、MacBook Proのキープレスのバグを修正するアプリ「Unshaky」

MacBook、MacBook Proのキープレスのバグを修正するアプリ「Unshaky」

特定の MacBook および MacBook Pro モデルでは、以下のキーボードのトラブルがありますが、これはハードウェアの問題であり、macOS自体とは関係ありません

  • 文字が勝手に反復入力される
  • 文字が表示されない
  • 押したキーがスムーズに跳ね返ってこない、または、キーを押した時の反応が一定しない

Appleもこの問題を認識しており「MacBook および MacBook Pro キーボード修理プログラム」を公開しています

対象モデルに該当しない、また修理に出すまでの間にこのバグを修正し利用できるアプリがあります

このアプリケーションは「Unshaky」と呼ばれ、ハードウェアの問題に対するソフトウェアソリューションを提供しようとしている無料のオープンソースアプリです

試す前に、いくつかのことを知っておく必要があります

  • これはAppleが承認したソリューションではありません
  • それは完璧に働くかもしれないし、そうでないかもしれません、最終的には、キーボードで作業しやすくなりますが、そうでない場合では文字を繰り返すことになります
  • ソフトウェアソリューションを使用してハードウェアの問題を解決することができるのは、異様な考えではありません
  • 結果は、デバイス間の設定によって異なります
  • 正しく機能するように設定を微調整するには、少し時間を費やす必要があります

スポンサーリンク

Macbookのキープレスのバグ

  1. Unshaky」をダウンロードし「アプリケーション」フォルダに移動して起動します
  2. 「Unshaky」を最初に起動した時の指示に従います
  3. 指示が上手くいかない場合は「システム環境設定」>「セキュリティとプライバシー」>「プライバシー」タブを選択します
  4. 左パネルの「アクセシビリティ」を選択し
  5. 左下の「鍵」アイコンをクリックします
  6. 「+」をクリックし「Unshaky.app」を追加します
  7. Unshaky 00001a z

起動時に起動する設定

  1. 「システム環境設定」>「ユーザとグループ」>「ログイン項目」タブをクリックします
  2. 左下の「鍵」アイコンをクリックします
  3. 「+」をクリックし「Unshaky.app」を追加します

問題のあるキーの遅延を設定します

  1. メニューバーの「Unshaky」アイコンをクリックし「設定」を選択します
  2. 問題のあるキーの遅延を設定します
  3. Unshaky 00003

すべての人に普遍的な遅延値はありません、非常に速くタイプするならば、あなたはより短い遅延を設定したいかもしれません、最初は40ミリ秒で設定して実際の入力スピードに合わせて微調整してください

(Via Unshaky.)










スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)