iMacがT2チップを搭載していないのは、ハードドライブを搭載しているからか?

iMacがT2チップを搭載していないのは、ハードドライブを搭載しているからか?

T2チップ非搭載はiMacのみに

iMacは回転するハードドライブを備えた唯一の新しいApple製品です、また、セキュリティやその他の機能のためにAppleが設計したARMプロセッサのT2チップを搭載せずアップデートを受け取るのは、ここ数年で唯一のMacです

これについて、Six Colorsの Jason Snell氏は、この2つはおそらく関連していてAppleはフラッシュストレージだけを使うようにT2を設計したのではないかと考えていると言います

ハードディスクドライブは古い技術で、フラッシュストレージドライブよりはるかに信頼性が低く、そしてまた一般的にはるかに遅く、¥142,800のベースモデルの4K iMacには5,400回転の遅いハードディスクドライブが搭載されています

Appleは、Fusion Driveをはるかに高価なフラッシュストレージに代わる費用対効果の高い方法として推し進めています

Fusion Driveは、フラッシュストレージのスピードとはるかに手頃な価格の大容量を組み合わせた仮想ディスクを作成するために従来のハードドライブの容量に小さなフラッシュストレージを組み合わせます

スポンサーリンク

誰がiMacを購入するのか

Appleは誰がiMacを購入しているのかをよく知っています、そしてこれらの決定はその知識を念頭に置いてなされていると思われます

多くのiMacの購入者はかなり価格に敏感であるため、基本モデルはできるだけ安価に設定されています

フラッシュストレージだけでiMacを構成できないわけではありません、しかし価格が大幅に上がるだけで、そうなればストレージ容量が減ることになります

次のiMacのアップデートがiMac Proの設計要素を継承して、回転するディスクのサポートが削除され、より静かで強力な冷却システムにそのスペースが使用されていても驚きません

ベゼルのサイズを縮小し、Face IDを追加する新しいエンクロージャについては2020年代までiMacを待たなければならないが、未だもう少し時間がかかるのではないか?

(Via Six Colors.)










スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)