Apple、MBLMのBrand Intimacy 2019 Studyのテクノロジーおよびテレコミュニケーション部門でトップ

Apple、MBLMのBrand Intimacy 2019 Studyのテクノロジーおよびテレコミュニケーション部門でトップ

Brand Intimacy 2019 Study

MBLMのBrand Intimacy 2019 Studyによると、Appleはまたもや消費者が同社に好意的に感じる感情的なつながりでの、テクノロジーおよびテレコミュニケーション部門で、女性と男性の両方で第1位のブランドでした

Appleはまた、ミレニアル世代、35歳以上のユーザー、そしてカテゴリー内で50,000ドル以上の収入を持つユーザーにとっても第1位でした(Googleは、50,000ドル未満の収入を持つユーザーにとっては第1位のブランドです)

綜合のトップ10ではは、Appleはディズニーに続いて2番目のブランドでした

綜合トップ10の3位以下のブランドは、Amazon、シボレー、Netflix、ハーレーダビッドソン、PlayStation、YouTube、フォード、Chick-fil-Aでした
Brand Intimacy 2019 00002

トップ10は、メディア&エンターテインメントブランドが昨年の10社中3社から4社を占めてますます増えています

テクノロジーおよびテレコミュニケーション部門のトップ10

  1. Apple: 70.9
  2. Samsung: 53.5
  3. Google: 50.2
  4. Sony: 45.1
  5. Microsoft: 43
  6. AT&T: 40.9
  7. HP: 40.6
  8. Verizon: 38.3
  9. Dell: 37.3
  10. LG: 33.2

スポンサーリンク


ブランドのIntimacyは、私たちが使用し愛しているブランドとの結びつきを測定する感情科学として定義されています

Brand Intimacy 2019の調査によると、米国のトップブランドは過去10年間でFortune 500およびS&Pインデックスのトップブランドを大きく上回りました

MBLMのマネジングパートナーであるMario Natarelliは、次のように述べています

スマートフォンのエコシステムの一部であるブランド(デバイスメーカー、コンテンツプロバイダー、アクセスブランド、アプリ)はそうでないブランドよりもブランドインティマシーの割合が高いです


デバイスメーカーは特に好調に推移しました。これは、スマートフォンが私たちの生活の中で果たす重要性が増していることから、ハードウェアブランドが最も大きな利益を得ていることを示唆しています

Brand Intimacy 2019は 6200人の消費者からの回答や米国、メキシコ、UAEで15業種の56,000ブランドの評価に基づいてブランドをランク付けします

(Via MBLM.)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で酔いどれをフォローしよう!










スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)