AdobeがPremiere ProでMacBook Proスピーカーの故障を引き起こしたバグを修正

AdobeがPremiere ProでMacBook Proスピーカーの故障を引き起こしたバグを修正

MacBook Pro 2018のスピーカ問題

アドビシステムズ社は、Creative Cloudアプリを介してAdobe Premiere Proのアップデートをリリースし、一部のユーザーにMacBook Proのスピーカーが吹き飛ばされたというオーディオの問題を解決しました

かなりの数のPremiere ProユーザーがMacBook Proのスピーカーから突然大きな音の歪んだオーディオを再生し、故障したという問題について報告がありました

2月19日、アドビシステムズ社はコミュニティサポートフォーラムで、「問題を認識している」および「ユーザがリスクを軽減するのに役立つ解決策を模索していた」と述べました

この問題は、Creative Cloudアプリを介して本日Premiere Proユーザーにプッシュされたバージョン13.0.3のアップデートで解決されたようです

リリースノートで、次のように記しています

Premiere Proでのノイズの影響を軽減し、影響を最小限に抑えるのに役立つ問題を修正しました

スポンサーリンク


しかしながら、アドビシステムズ社はすべてのユーザにソフトウェアのアップデートを促していますが、影響を受けたユーザが自分のMacに損傷を与えた後にどのように補償されるのかについては、まだ何も発表がありません

このバグの結果、あるユーザーが自分のMacBook ProをカナダのApple StoreにあるGenius Barに持ち込み、2018年の15インチMacBook Proに対する600ドル以上の修理見積もりを受け取っています

(Via MacRumors.)










スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)