ハッカーと詐欺師がiCloudでロックされたiPhoneに侵入する方法

ハッカーと詐欺師がiCloudでロックされたiPhoneに侵入する方法

iCloudのセキュリティ機能により、盗まれたiPhoneの数が減る可能性が高い、しかしながら進取的な犯罪者はデバイスを再販するために「iCloudのロックを削除」する方法を見つけました

iCloudでロックされたiPhone

iCloudでロックされたiPhoneは、それらを部品として販売しない限り、通常は価値がありません

所有者のパスコードなしでこれらを使用することはできず、所有者のApple IDはそこからリンク解除することはできません

アクティベーションロックを回避する3つの方法

  • 元の所有者のiCloudのパスワードを入力して削除することができ、ハッカーはこれをフィッシングで入手できます
  • Apple Storeの管理者は、iCloudを上書きできるので、詐欺師はApple Storeの管理者をだまして、自分が所有していないデバイスのロックを解除することができます
  • iPhoneのCPUをロジックボードから取り外して、本質的に「新しい」デバイスを作成するようにプログラムし直すことができます

スポンサーリンク


iCloudでロックされたiPhoneにはある種の暗い市場があり、顧客がiPhoneを携帯電話会社に返却すると、従業員はiPhoneのiCloudをオフにすることを依頼するように訓練されます

しかし時々できていないことがあります、携帯電話会社においては、iPhoneで何もすることができないため、プライベートオークションでまとめて販売されます

一部の闇市場の再販業者は、iCloudフィッシングキットを使用しています
使いやすいように設計されたキットは、ユーザーが Apple ID のパスワードを放棄するために元の所有者をだますために使用できるツールのセットです

ハッカーは、特別に細工したテキストメッセージをAppleから送信されたように見せることができます

それから、彼らはそれがより正当に見えるようにするために、被害者にその人の電話が発見された場所の偽の地図を送ります

誰かがフィッシング詐欺に遭遇しなかった場合、次のステップはAppleの従業員をソーシャルエンジニアにすることです
たとえば、偽の領収書を生成してApple Storeに持ち込み、iPhoneから icloud を削除するApple の顧客サポートを求めることができます

(Via Motherboard.)










スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)