MacをAppleのプロセッサに移行することで、セキュリティが強化される

MacをAppleのプロセッサに移行することで、セキュリティが強化される

現代では、データや個人のプライバシーに対する脅威が増えています。AppleがMac上でIntelから離れていくと、将来のMacはユーザーにとってはるかに安全な地域を提供することができます

Bloombergが今月初めに、Appleが2020年代にIntelを捨ててMac用の独自のチップを設計しようとしていると報告していることをお伝えしました

これに対して、多くの業界専門家とユーザーはこれが良いかどうか疑問に思っていました

もちろん、将来のMac向けにARMアーキテクチャ(AppleがiOSデバイス向けにAシリーズCPUを設計している)を使用することの問題は以前にも増しています

安全な場所

サイバーセキュリティー企業のTripwireの上級システムエンジニア、Paul Norris氏は、「Appleが自社のプロセッサーをデスクトップに搭載するのは時間の問題です」
Norrisは、Appleが何年もiOSデバイス用の中央処理装置(CPU)を設計しているだけでなく、「オペレーティングシステムとハードウェアの間に安全な場所」を提供していると主張しています

この動きは、Appleプラットフォームとそのエコシステム全体のセキュリティを強化する可能性があります

スポンサーリンク

インテルには欠点がある

セキュリティ上の問題に関しては、インテルは、さまざまな種類のオペレーティングシステムやハードウェアデバイスに対応しなければならず、脆弱性が特定される可能性が高まっています

Norris氏は、Architoshとの私的なコミュニケーションにおいて、AppleがCPUを開発するにあたって熟練した深みと専門知識と長年の経験を持っているという点を強調し「Appleはマイクロプロセッサの開発に新しいものではないので、消費者はこのニュースを歓迎すべきである」と語っています

最も長い間、ムーアの法則は、性能(処理速度)がチップを評価するための主要な指標であることを教えてくれました、チップが速くなればなるほど、作業が速くなります

ムーアの法則は、製造プロセスのサイズがチップの縮小を続けていることを保証しており、トランジスタ数が飛躍的に増加することになります
しかし、ムーアの法則は、プロセスのサイズが小さくなるほど製造の限界が広がるため、最近、壁に突き当たりました

また、コンピュータ技術の進歩に伴いパフォーマンスも変化しています、モバイルデバイスを搭載したクラウドは、クラウドコンピューティングとエッジコンピューティングの間で仕事を分割することを考える市場を変えています

AIなどの他のものは、より速い即時の結果を必要とし、モバイルデバイス上でより正確に計算されます

データのゲートウェイとしてのデバイス

今日のデバイスは、クラウド内の大規模なデータのゲートウェイです、セキュリティが強化されることが不可欠です

AppleのMacコンピュータは、エッジコンピューティングデバイスとクラウドコンピューティングデバイスの両方になる可能性があります、ARMチップはすでにデータセンターには理想的ですが、将来のARMベースのMacはAppleを含むデータセンターに戻ってくるかもしれません

スポンサーリンク

macOSの周りのチップのカスタマイズ

Paul Norris氏は、Appleの新しいMac用プロセッサがIntel x86アーキテクチャと下位互換性があるのか​​どうかは分かっていないので、早すぎると推測としてArchitosh の読者が非常に懸念している問題は、プロアプリケーションスタックの互換性です

人々は、データの周りのセキュリティだけではなく、アプリケーションによってに一喜一憂します

それでも、Norris氏は人々がそんなに心配するべきではないと考え「Appleは、新しいプラットフォーム、製品、プロセスを導入する際に、研究開発に多額の投資を行い、シームレスな統合が実現するようにするという実績があります」と述べています

(Via Architosh.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)