Apple、はやければ2020年にIntelからカスタムメイドのMacチップに移行する予定

Apple、はやければ2020年にIntelからカスタムメイドのMacチップに移行する予定

2020年にチェンジ

計画に精通している人たちによると、Appleが早ければ2020年に、独自のカスタムメイドのMacチップにIntelチップからの移行を計画しています

Kalamataという名前のイニシアチブはまだ初期の段階にありますが、Mac、iPhone、iPadsなどのAppleのデバイスをすべて同じようにシームレスに動作させるための大きな戦略の一環として提供されています、経営幹部が承認したプロジェクトは、多段階の移行につながる可能性が高い

Intelのパートナーシップは、AppleのMacの成功を呼び起こし、チップメーカーとエレクトロニクスの主要ブランドの1つを結びつけました、Bloombergのサプライチェーン分析によれば、Appleはインテルに年間売上の約5%を支払っています

Appleはまだ理論的に移行を放棄したり、遅らせたりすることができます、同社はコメントを拒否しました、またIntelは、「当社の顧客についての憶測はコメントしていない」と述べました

スポンサーリンク

独自のプロセッサを使用する唯一の主要PCメーカーへ

この変更により Appleは、すべての製品に新しい機能をより迅速にもたらし、競争に対して優位になることが出来ます
独自のメインチップを使用することで、Appleは独自のプロセッサを使用する唯一の主要なPCメーカーになるでしょう

独自のチップを使用することで、Appleは新しいハードウェアとソフトウェアをより緊密に統合することができ、Appleのチップを使用するiPadに似たバッテリ寿命の延長をもたらす可能性があります

ハードウェアのAppleチップへの移行は2020年に始まる予定ですが、ソフトウェア側への変更はそれまでにも始まるでしょう、AppleのiPhoneとiPadのカスタムチップはiOSオペレーティングシステムを使用し、Intelチップを搭載したMacコンピュータはmacOSという別のシステムで動作します

Appleは過去数年間、ユーザーが直面している機能を徐々に統合しており、最近は新しいファイル管理システムのような低レベル機能の共有を開始しています

MacをもっとiPhoneのようにするためのより大きなイニシアチブの一環として、Appleは今年早々にMaczipanと呼ばれる新しいソフトウェアプラットフォームを開発し、ユーザーがMacでiPhoneやiPadアプリを実行できるようにする、とBloomberg Newsが昨年に報告しています

同社は以前、セキュリティのような特定の機能のために、IOSベースのオペレーティングシステムを実行するARMベースのコプロセッサを搭載したMacを以前からリリースしています

最新のMacBook ProとiMac Proには、コプロセッサーが搭載されています
Appleは、このチップを来年までにリリースされるMac Proの新しいバージョンに加え、今年は新しいMacノートPCに追加する計画だといいます

(Via Bloomberg.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)