新しいMacBook ProモデルはHDMI 2.0に限定

新しいMacBook ProモデルはHDMI 2.0に限定

Appleの最新モデルMacBook Proでは、高速なHDMI 2.1プロトコルではなくHDMI 2.0ポートが使用されており、スループットが外部ディスプレイに大きく制限されています

AppleのMacBook Proは、5年ぶりにHDMIポートからのデジタルビデオ出力に対応し、外部ディスプレイやテレビなどの機器との接続が可能になりました、以前は、このような機能を利用するには、Appleの有名なドングルが必要でした

しかし、Tapbotsの開発者であるPaul Haddad氏が発見したように、14インチと16インチの新しいMacBook Proは、HDMI 2.0を採用しているため、リフレッシュレート60Hzの4Kディスプレイ1台にしか対応していません

2017年に発表された、より柔軟性の高いHDMI 2.1規格では、最大で毎秒48ギガビットのデータを伝送することができ、最大120Hzの4Kディスプレイをサポートするのに十分です

スポンサーリンク


Appleの最新のフラッグシップMacBook Prpに、より高い帯域幅のプロトコルが搭載されなかった理由は不明ですが、M1 ProとM1 Maxのバス帯域幅が原因ではないかと推測されています

2021年モデルのMacBook Proには、1つのHDMIポートに加え、3つのThunderbolt 4ポートが搭載されています

このポートは、充電、DisplayPort、および互換性のあるThunderbolt 4またはUSB 4周辺機器を使用した最大40Gb/sのデータ転送に使用できます

スループットのボトルネックという主張を裏付けるように、今年初めに出荷されたApple TV 4KにはHDMI 2.1ポートが搭載されています

ハードウェアの欠点にもかかわらず、AppleのM1 Proチップは、60Hzで最大3台の外部6Kディスプレイに対応し、M1 Maxでは60Hzでもう1台の6Kディスプレイと1台の4Kディスプレイのサポートを追加します

また、MacBook Proは、HDMI – DVIアダプタを介してDVI出力を統合しています

(Via Apple Insider.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)