AppleのAR/VRヘッドセットの量産は2022年末まで延期か

AppleのAR/VRヘッドセットの量産は2022年末まで延期か

アナリストであるMing-Chi Kuo氏は、投資家に送付したメモの中で、同社は2022年第4四半期末までは次期AR/VRヘッドセットの生産を開始しない可能性があると述べています、そうであれば、2022年末か2023年初頭に発売される可能性が高くなります

このヘッドセットを発売する前に、Appleは「ソフトウェア、エコシステム、サービスを完全なものにしたい」と考えており、Kuo氏は、Appleが量産を2022年の第2四半期から2022年末まで遅らせる計画を立てている可能性がある理由として挙げています

Kuo氏によると、AppleはAR/VRヘッドセットの複雑さと快適な装着感の必要性から、AR/VRヘッドセットの「最高の工業デザインソリューション」を持っていると言います

またKuo氏は、AppleはAR/VRソフトウェアでゲームを超えることを望んでいるため、Appleの前にはより多くのデザイン上の課題があると考えています

スポンサーリンク


Kuo氏は以前、AR/VRヘッドセットは2022年の第2四半期に発売される予定だと述べており、その前には、同ヘッドセットは2021年中に発売されると考えていました

うわさによると、AppleのAR/VRヘッドセットはOculus Questとデザインは似ているが、より洗練された外観で、快適な装着感を実現するために生地と軽量素材を使用すると言います

このヘッドセットには、マイクロOLEDの可能性がある2つの高解像度8Kディスプレイと、視線検出、頭部検出、その他の拡張現実機能のための多数のカメラが搭載されると噂されています

このヘッドセットはiPhoneに依存することになりますが、Appleは複数の入力方法を試していると噂されています

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)