Appleの次のiPhoneの本当の名前を隠すためのトリック

Appleの次のiPhoneの本当の名前を隠すためのトリック

まいど、酔いどれ( @yoidoreo )です。

次のiPhoneの名前はAppleの最も激しく守られた秘密の1つか?

このデバイスは今年後半に発売される予定で、ステンレススチールとガラスのボディ、より良いスクリーン、そしてあなたの顔を認識するスピード感のある3Dセンサーを搭載していることが知られています

それは、象徴的な製品の10周年を祝うために「iPhone X」と呼んでもいいし、「iPhone 8」だけでもいいかもしれません、しかしTim Cookはステージでその名前を発するまでわからないようにしています

近年、世界中の商標局を検索することによって、アップルに夢中になっている企業は、同社の製品の名称と詳細を見つけ出すことができました

しかし、彼らの挑戦は、ジャマイカの商標事務所での規則正しい規則変更とリヒテンシュタインでの巧妙な操縦のために、飛躍的に困難になりました

Appleは、長年にわたってその製品名の秘密を保つために様々な戦術を採用しています

一つは、デラウエアのシェル会社を通じて名前を登録することです

これは2010年にiPadを発売する準備をしている時に、同社が行ったことです

しかし商標はアジアなどの主要地域にも提出されていたました
そして、Steve JobsがサンフランシスコのすばらしきイベントでiPadを発表した時点で、自称探偵はウェブ全体に製品の名前をすでに漏らしていました

効果的なアプローチは、Google、Amazonなどのテクノロジー企業によって私用される検索可能な商標データベースなしで外国に名前を登録することです

この戦術は、米国商標法の第44条(d)のルールを活用し、企業はある国で商標を申請し、元の外国出願日の6月以内に米国に登録優先権を取得することができます

米国の規則を遵守している177カ国のうち、トリニダードトバゴ、バルバドス、ペルー、ジャマイカなどの 66カ国にはオンライン商標データベースがありません、後者はAppleなどの企業にとって絶好の隠れ場所になっています

ジャマイカ知的財産局は、首都キングストンのヤシに囲まれた近代的な建物の中に収容あります
オフィスのディレクター Lilyclaire Bellamy氏によると、30人の人々がそこで働き、毎日少なくとも10の商標検索が行われています

検索を実施する唯一の方法は、個人的にジャマイカに飛ぶか、地元の商標の弁護士を雇って古い学校の図書館のようなオフィスのコンピュータシステムを検索する必要があります
検索は無料ですが、各ページをプリントアウトするのには、150ジャマイカドル ($1.17) の費用がかかります

昨年、Appleがジャマイカを商標登録に使用したことを知ったダブリン地区弁護士のBrian Conroy氏は、将来の製品に関する情報を掘り起こすことができるかどうか判断することにしました


スポンサーリンク




なぜアイルランドの弁護士は情報を収益化するための明白な方法を持たずにこのようなことをするのか?の質問にメールで3つの理由を挙げました

私ができることは、新しく登録された商標で自己宣伝が出来るということです

Conroy氏は、クールな新しい顧客を獲得する手助けになるだろうと思った

自称「忍者」は、オフィスのオンサイトのコンピュータを検索するために地元の法律事務所数百ドルを支払い、昨年のAppleの9月と10月の発売イベントの数ヶ月前、Conroyはジャマイカで申請された商標のリストを発表しました

ファイリングの1つのペアは、「iPhone 7」と「iPhone 7 Plus」で明らかに次の携帯電話のモデルでした
Conroy氏は、「AirPods」や「Touch Bar」のような明白でない名前も引き当てました

AirPodはAppleの新しいワイヤレスイヤホンの名前になったのに対し、Touch Barは最新のMacBook Proキーボードのタッチスクリーンでした

数か月前に、Appleはリヒテンシュタインで新しいSiriスピーカーの商標を登録するために申請しました

同社が米国で商標優先権を申請するために公国を初めて使用したのは、プリンシパルにオンライン商標データベースがあり、 商標出願が承認されるまで表示されません、その結果として世界はこの新しいガジェットの名前「HomePod」を6月までわかりませんでした

Conroy氏は、「アップルが管轄権から管轄権に跳躍し続けることで、盗み聞きの目を遠ざけようとしていて、将来の製品名の商標を見つけるためには、毎回当て推量になるでしょう」と述べました

秘密になっていますが少し楽観的です、昨年の新しいiPhoneとイヤホンのジャマイカの商標申告がWebにヒットしてから3週間後、地元の商標局は製品名を検索することをもっと難しくしました

同氏は、特に完全に新しいガジェットやコンピュータの場合は、製品名を見つけることは今や不可能だといいます

(Via Bloomberg.)


以前にも増して巧妙に製品名が先に公開されないようにとしているのでしょう

今秋の10周年記念の「iPhone」で使われる名称の「iPhone 8」も正確には解っていないのが事実のようで、記述するサイトによって「次期iPhone」「新しいiPhone」「iPhone Pro」「iPhone X」などとその時々によって変わっています

さて、9月に発表?された時はどのようになっているのか楽しみです


では、では・・・












LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)