iPhone XSを分解、シングルセルバッテリーでiPhone Xからほとんど変更なし

iPhone XSを分解、シングルセルバッテリーでiPhone Xからほとんど変更なし

iPhone XSはiPhone Xとほぼ同じ外見をしていますが、最新のiPhoneの最初の分解では、新しい電池の使用や他の内部部品への小さな変更など、内部にいくつかの変更が加えられています

FixjeiPhoneによるiPhone XSの通常の分解は、昨年のiPhone Xと一見同じように見えます

しかし、最初から、デバイスを分解する技術者は、iPhone XのIP68耐水性を向上させるのに役立つ防水シールのために、スクリーンを少し強く取り外すことは難しいと指摘しています

iPhone XSとiPhone Xを並べて並べると、内部の一般的な外観はお互いによく似ていて、新しいiPhoneのコンポーネントは、1年前のモデルと同じ場所にあります
IPhone XS teardown 002

スポンサーリンク


設計上の1つの明らかな変更は電池です、iPhone Xの2セルL字型電池を単一セル版(同じ形状を保持していますがサイズはわずかに小さいと思われます)に切り替わっています

iPhone XSが2,658mAhのバッテリーで、昨年のiPhone Xの2,716mAhバージョンよりも小さいことが明らかになっていますが、電力効率の節約により、新バージョンでの使用時間が30分延長されました

明らかな変更として、デバイスの右上隅にあるカメラモジュールはiPhone Xよりも大きく見えます、上部の広角カメラは、より大きなピクセルピッチを持つように更新されセンサーを20%増やすことで、光感度を助け、モジュールサイズの変更を引き起こしています

数ミリでカメラの塊のサイズを増加させ、iPhone XのケースをiPhone XSで再利用したい顧客に問題を引き起こす可能性があります、カメラの変更は内部空間に影響を与えてはいません

結局のところ、iPhone XSの内部構造は、iPhone Xのデザインの大部分を再利用しています、これは、2つのデバイス間の類似性を考慮すると驚くべきことではありません

(Via appleinsider.)










スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)