iPhone XS/XS Max、iOS 12とiOS 12.1でセルフ写真のスムージングエフェクトの違い

iPhone XS/XS Max、iOS 12とiOS 12.1でセルフ写真のスムージングエフェクトの違い

iPhone XS/XS MaxにおいてiOS 12.0.1で、セルフ写真のスムージングエフェクトの処理が大きな話題となり、AppleはiOS 12.1でこの処理の修正をおこないました

Appleは、スマートHDRと呼ばれる新しいカメラ機能を最新のiPhone XSとXS Maxモデルに導入し、さまざまな露出で撮影された複数のフレームを組み合わせることで、静止画と動画の両方のダイナミックレンジを大幅に向上させました

スマートHDRの実装により、場合によってはローカルのコントラストが低下し、明るい写真でノイズが発生する可能性があります
後者は、かなり積極的なノイズリダクションを使用して処理されます

結果的にこの処理が過度にかかるという問題が指摘されました

Appleは、この問題に対処するためにiOS 12.1で修正を行いました、この違いの詳細をAppleinsiderがビデオで紹介しています


スポンサーリンク

iOS 12.0.1とiOS 12.1の違い

スムージングフィルターのかかり具合は少なくなり、ノイズが目立つようになっています

修正前は、長時間露光のベースフレームを追加ノイズリダクションで細部までスムーズにして、顔の毛と毛穴がぼやけて見えます
Smoothing effects 00002
また、よく見ると修正後にはコントラストが少し強くなっていることに気付くはずです

グレー杢のセーターもコントラストが解りやすくなっています
Smoothing effects 00004

次の画像では石の部分に注目すると、アップデート後はコントラストがハッキリすることで石のディティールが表示され、芝生の影はより暗く見え木自体のコントラストが強調されています
Smoothing effects 00005

(Via appleinsider.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)