Apple、iPhone 13のチップの注文を大幅に増やし、旧型iPhoneの注文を大幅に減らす

Apple、iPhone 13のチップの注文を大幅に増やし、旧型iPhoneの注文を大幅に減らす

DigiTimesの新しいレポートによると、Appleは新しいiPhone 13ラインナップのチップ注文を増加させる一方で、同社がまだ販売している旧世代のiPhoneモデルに相当する注文を減少させているとのことです

Appleは旧世代のiPhone用のチップの注文を縮小する一方で、TSMCでのiPhone 13用のウェハースタートを強化しているとのことです。また、Appleは2021年に向けてTSMCに発注したチップの注文に変更を加えていない、と情報筋は指摘している

Appleは、オンラインストアでiPhone 12、iPhone 12 mini、iPhone 11の販売を継続しているほか、ホームボタン付きの手頃なiPhoneを好むユーザー向けにiPhone SE 2を提供しています

旧世代のモデルも、それほど好調ではありません、現時点で、オンラインでのiPhone 12および12 miniの注文は1〜2週間、iPhone 11の注文は最大5週間の出荷遅延に直面しています

スポンサーリンク


Appleの最高経営責任者を務めるTim Cook氏は、直近の決算発表の電話会見で、今後数カ月の間に業界全体でiPhoneの生産が不足する可能性がある一方で、最新のiPhoneに対する需要の増加が供給問題を悪化させる可能性があると警告していました

今日のレポートによると、TSMCは、その3nmプロセス技術を2022年後半に量産に移行する軌道に乗っており、プロセスの月間生産量は55,000枚に達することになっています

TSMCの3nmプロセスは、iPhoneチップの製造に初めて採用されると報じられています、日経アジアの以前の報道によると、Appleは次世代の3nmチップ技術を2022年のiPad Proに搭載すると言われています

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)