iPhone 13 miniは依然として最大12 Wのピーク電力に制限される

iPhone 13 miniは依然として最大12 Wのピーク電力に制限される

ppleの標準的なMagSafe充電器は、適切な電源アダプタと併用することで、通常、iPhoneモデルに最大15Wのピーク電力を供給することができますが、昨年のiPhone 12 miniでは、デバイスの小型化に伴う熱的制約のためか、ピーク電力が12Wに制限されていました

本日、MagSafe Chargerに関するAppleのサポート文書が更新されましたが、この制限は今年のiPhone 13 miniにも適用され、同様に12Wの低い値に制限されています
IPhone 13 mini Charger 002
MagSafeに接続されたiPhoneは、過熱を防ぐために電力消費をインテリジェントに管理するため、完全にサポートされた15ワットWでの充電が可能なモデルであっても、バッテリーの健康状態を守るために、充電時間の多くが基準値を下回ることがあります

スポンサーリンク


iPhoneのminiモデルは、バッテリーが小さい分、大型モデルよりも充電に必要なエネルギーが少なくて済むため、ピーク時に12Wに制限されているiPhone 12 miniやiPhone 13 miniは、15Wに制限されているiPhone 13よりも、MagSafeによるフル充電に時間がかからない場合があります

MagSafe関連の話題はこれだけではありません。Appleの標準ケースを装着したiPhone 13 Proは、背面カメラを保護するリップの大きさと高さのために、MagSafe Duo Chargerに正しく収まらないことが判明しています

しかし、充電機能には問題がないことが報告されています

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)