iPad Air 5はタブを引くことで簡単にバッテリー交換ができる

iPad Air 5はタブを引くことで簡単にバッテリー交換ができる

Appleは先月、第5世代のiPad Airを発表し、M1チップ、セルラーモデルの5Gサポート、Center Stageに対応したアップグレードされたフロントカメラ、データ転送用の最大2倍速USB-Cポートなどの主な新機能を発表しました、修理を支持する人たちに歓迎されるかもしれない内部的な変更も加えていいます

修理サイトのiFixitによると、新しいiPad Airのバッテリーセルは底部に着脱しやすいように伸縮自在のプルタブが付いています

これに対し、以前のiPad Airはバッテリーセルが完全に接着されており、技術者がイソプロピルアルコールなどの溶剤を使って大量の接着剤を緩めるのが一般的で、取り外しがより困難になっています

しかし、Apple StoreとApple認定サービスプロバイダは、すべてのiPadモデルで新しいバッテリーが必要になった場合、デバイス全体を交換することに変わりはないと、この問題に詳しい関係者は述べています

スポンサーリンク


このプルタブは、Appleのリサイクル業者がiPadのアルミニウム筐体からバッテリーを取り外すのを容易にすることで、環境面でもメリットがあると考えられます

Appleは、第6世代iPad miniや最新の14インチおよび16インチMacBook Proモデルなど、より多くのデバイスにバッテリプルタブを追加してきました

しかし、iFixitは以前、iPad miniのバッテリーはプルタブになっているにもかかわらず、上部と下部の縁に沿って接着されていることを発見しました、そのため、完全に修理しやすい設計ではありません

iPad Airのバッテリーセルが接着剤でくっついているのかも不明です

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)