LGが生産準備中か、OLEDディスプレイ搭載 iPadの、信憑性が高まる

LGが生産準備中か、OLEDディスプレイ搭載 iPadの、信憑性が高まる

OLEDを採用したiPadの噂は、少なくとも一貫性がなく、AppleがいつOLEDに切り替えるかについては、分かれています

従来のバックライト付きIPS液晶。旧型のMacや廉価なiPhoneにはまだこれが使われています

mini-LEDバックライトを搭載したIPS液晶。AppleはiPad Proモデルでこれに切り替え、現在は新しいMacBook Proで採用しています、黒をより濃く、白をより明るくすることができ、驚くほどの違いを生み出します

OLED、AppleはこれをiPhone Xを皮切りにiPhoneに搭載する前に、Apple Watchで初めて採用しました

MicroLED。名前はmini-LEDに似ていますが、これは全く別の技術です、事実上、はるかに洗練されたOLEDです、より明るく、電力効率が高く、バーンインの問題もありません

スポンサーリンク

OLED iPad生産準備

9to5Macによると、GとSamsung Displayの両方が、将来のiPadのためにAppleにOLEDパネルを供給する計画を立てているというサプライチェーンの報告を受けているとのこと

Samsungの役割はそれほど明確ではないようですが、ライバルの韓国企業であるLGは、より安定した立場にあるとのことです

最近の報道によると、LG電子は中小型ディスプレー専用の有機発光ダイオード工場の生産能力を2倍に増やす計画です

関係者によると、同社は、生産中に有機EL材料をパネルに蒸着するために使用したテンショナーの一部を、坡州のP10工場のE6-4ラインに移していました

LG Displayは、Appleが将来のiPadモデルで使用する予定の有機ELパネルの生産に備えて、そのようにしている可能性が高いといいます

この工場には、iPhone用の有機ELパネルを生産するE6-1ラインとE6-2ラインが既にあります

説明されている機器は非常にデリケートで、輸送中に損傷を受けやすいため、これは重要です、動かすことは軽々しくすることではありません

このことは、LGがAppleを中心とした工場での生産に必要となることを確信していることを示唆しています

(Via 9to5Mac.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)