Apple、iPad用iOSアプリを作成し公開できるSwift Playgrounds 4.0をリリース

Apple、iPad用iOSアプリを作成し公開できるSwift Playgrounds 4.0をリリース

Appleが「Swift Playgrounds 4.0」をリリースしたことで、iPadを使って「App Store」経由でアプリを開発および配布できるようになりました

iPadからのアプリケーションの構築と配布

WWDC 2021で発表されたこのリリースには、iPad OS 15.2以上が必要で、魅力的な機能が数多く搭載されています

iPhone、iPad、およびApple Silicon Macで使用するアプリケーションを構築したり、App Storeを統合したり、アプリケーションの全画面プレビューを表示したりできます

しかし大きなニュースは、iPad上で実際に機能するアプリを作れることです

Xcodeがこれらのツールのいくつかを借りていることを想像できるほど素晴らしいものです

Appleは、このリリースで子供向けコードを育成することを望んでおり、これを実現するためにアプリ内に大量のリソースを隠していると述べています

全画面プレビューモード、プロジェクト全体の検索が可能で、SwiftPlaygroundsとXcodewith AppProjectsの間でプロジェクトを移動できます

スポンサーリンク

Swift Playgrounds 4.0の機能

Swift Playgrounds 4 0 001

  • iPadで、SwiftUIを使ってiPhoneやiPadのAppを作ることができます(iPadOS 15.2以降が必要)
  • App Store Connectと統合することで、完成したAppをApp Storeにアップロードできます
  • Appに変更を加えると、Appのプレビューにアップデート内容がライブ表示されます
  • フルスクリーンのプレビューでは、Appが隅から隅まで表示されます
  • コード行内に入力候補が表示されるので、コードを素早く正確に入力できます
  • Appプロジェクトにより、プロジェクトをXcodeに簡単に移動し、また戻すことができます
  • プロジェクト全体の検索により、複数のファイルからの結果を表示できます
  • “スニペット”ライブラリでは、SwiftUIが提供するさまざまなコントロール、記号、色を利用できます
  • Swiftパッケージに対応したことで、公開されているコードを再利用してAppの機能を拡張することができます

(Via Applemust.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)