Apple、iMacに合わせたスタンドアローンの4Kモニターを製造中との報道

Apple、iMacに合わせたスタンドアローンの4Kモニターを製造中との報道

Appleのラインアップにぽっかりと穴が開いているとすれば、それは4,999ドルもしないスタンドアローンのディスプレイでしょう

しかし、新しい噂によると、2022年にはそれが変わるかもしれません

AppleがM1 Macに合うディスプレイを開発しているという噂は以前からありましたが、新しいレポートではAppleが何を考えているのかが少し明らかになりました

24インチiMacやiPhone 13に関する正確な情報をリークしたTwitterユーザーのDylan氏によると、LGは 「開発初期にある外部モニターとして使用するためにノーブランドの筐体に収められた」2つのディスプレイを製造していており、「次期27インチと現行の24インチiMacディスプレイと同じ仕様である」とのことです

LGはProDisplay XDRをはじめ、Appleの現行ディスプレイを多く製造しているので、これらがApple製品での使用に限定されている可能性があります

スポンサーリンク


現在Appleが提供しているiMacのディスプレイは

24インチiMac

  •  4.5K Retinaディスプレイ
  •  解像度4480×2520、1インチあたり218ピクセル、10億色対応
  •  輝度500nits
  •  ワイドカラー(P3)
  •  True Toneテクノロジー

27インチiMac

  • 解像度5120×2880、10億色対応
  • 輝度500nits
  • ワイドカラー(P3)
  • True Toneテクノロジー

Dylan氏によると、27インチモデルは、噂されていたように、小型LED技術とProMotionが搭載される可能性が高いといいます

Appleが二つのディスプレイを提供するとすれば、二つの異なるモニタサイズを販売するのは、2004年にStudio Displayが廃止されて以来初めてであり、消費者向けディスプレイを販売するのは、2016年に999ドルのThunderbolt Displayを製造中止して以来初めてとなります

Dylan氏によると、LGは32インチの「Pro Display XDR」のアップデート版となる3つ目のディスプレイにも取り組んでいると報告しています

手頃な価格のモニターにもカスタムシリコンを搭載できますが、ディランはこれらのモデルのチップへの「そのような参照はない」ことを発見しました

(Via Macworld.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)