iPad mini 6、iPhone 13に比べて遅いA15 Bionicチップを搭載

iPad mini 6、iPhone 13に比べて遅いA15 Bionicチップを搭載

AppleはCalifornia StreamingイベントでiPad miniのアップデートを発表ししました

最新のiPad miniは、iPhone 13シリーズに似たA15 Bionicを搭載しています、A15 BionicはiPhone 13とiPad mini 6の両方に搭載されていますが、iPad mini 6のチップセットはアンダークロック化されています

GeekBenchには、iPad mini 6の仕様が掲載されています

Geekbenchの結果によると、新しいiPad mini 6のA15 Bionicは2.9GHzとなっていいます、比較のために、iPhone 13に搭載されている同じチップセットのクロックは、わずかに高い3.2GHzとなっています

iPad mini 6でA15 Bionicをアンダークロックした理由についてはよくわかりませんが、Appleは熱をより良く管理するために速度を下げたのかもしれません

スポンサーリンク


最新バージョンのベンチマークアプリを実行した場合、GeekBenchの結果でiPad mini 6は8%遅くなりました

一般的に、ベンチマークの精度は、結果が多ければ多いほど向上します、おそらく、アプリのバージョンが新しくなったり、アップルがiPadOS 15を微調整したりすることで、スコアが変わる可能性があります

数値で言えば、iPad mini 6のシングルコアテストのスコアは1,595、マルチコアテストでは4,540という好成績を収めました

一方、iPhone 13 Pro Maxは、シングルコアテストで1,730、マルチコアテストで4,660のスコアを記録しました、しかし、iPad mini 6のユーザーが実際に使ってみて、その差を実感できるかどうかは疑問です

(Via GeekBench.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)