Adobe、ペイント&スケッチ用アプリ「Adobe Fresco for iPad」を正式に発表

Adobe、ペイント&スケッチ用アプリ「Adobe Fresco for iPad」を正式に発表

Adobe Fresco

昨年10月にAdobe MAXで、AdobeはコードネームProject Geminiの新しいアプリケーションをプレビューしました

iPad上のPhotoshopと一緒に発表されたGeminiは、「Adobe Fresco」として正式に発表されました

Adobe Fresco 00001 z

アプリは当初iPad専用になり、iOS 12.4以降で動作します

対応デバイス

  • iPad Pro(全てのモデル)
  • iPad Aira(第3世代)
  • iPad(第5世代および第6世代)
  • iPad mini(第5世代)

スポンサーリンク

主な機能

  • 1,000種類を超えるカスタムブラシ
    • Illustratorの表現でお馴染みのベクターデータも同じキャンバス内で利⽤できる
    • ブラシはベクターとラスター両形式を併⽤でき、Photoshopで使い慣れたブラシや、⾃作のオリジナルブラシも全て使うことができる

    Adobe Fresco 00002 z

  • 絵の具が重なり混ざり合った水彩絵具
  • ⼿描き感覚で現実の画材を扱うように、見た目も触感も動作も、本物そっくりに⾃然で精巧にシミュレーションできる

    Adobe Fresco 00004 z

  • レイヤーやマスク機能
    • イラストレーターに不可欠な、レイヤーやマスク機能も搭載
    • 右利き左利きどちらでも描きやすいよう、UIをカスタマイズすることが可能
    • フルスクリーンモードに切り替えが可能
  • Adobe Fresdo 00005 z

  • Photoshopと連携
    • Photoshopと連携しており、簡単にファイルを移動させたり、共有することが可能
    • プロジェクトに必要な様々なサイズと、PDF、PSD、PNGなどの形式で書き出すことができる

Frescoには正式な価格設定やリリース次期は不明ですが、CNETはおそらく月額10ドルで、Lightroom CCのCreative Cloudサブスクリプションに含まれるのではないかと伝えています

現在、こちらから早期プレビューにサインアップできます











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)