iOS 13とiPadOS 13 beta 6では、アプリの起動スピードが2倍になる

iOS 13とiPadOS 13 beta 6では、アプリの起動スピードが2倍になる

パフォーマンスが大幅に向上

AppleのシニアソフトウェアエンジニアであるPierre Habouzitは、Twitterで、Appleが最近のbeta 6リリースのパフォーマンスを大幅に向上させたと述べています

詳細は、Appleは最初のiOS 13プレゼンテーションからスピードの約束を引き換えました、アプリの起動は以前よりも2倍速くなり、ダウンロードサイズは小さくなります

Appleは、iOS 13 プレビューのページのパフォーマンスの項目で次のように説明しています

  • さらに速くなったアプリケーションの起動
  • iOS 13では、アプリケーションの起動が最大2倍速くなります

  • アプリケーションのダウンロードサイズが小さく
  • 今年の秋より、App Storeから利用できるアプリケーションが新しい方法でパッケージ化され、最大50パーセント小さくなります

  • さらに速くなったFace IDのロック解除
    • iPhone X、iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XRのロック解除が最大30パーセント速くなります
    • 11インチiPad Proと12.9インチiPad Pro(第3世代)のロック解除が最大30パーセント速くなります
  • アプリケーションアップデートのサイズが小さく
  • アプリケーションアップデートのサイズが、平均で最大60パーセント小さくなります

スポンサーリンク

効果を得るにはアプリの再インストール

Habouzit氏が指摘しているように、インストールされたアプリケーションはAppleのサーバーから新たにロードされ、デバイスにロードされる必要があります

最も簡単なオプションは、iCloud バックアップを復元することです。または、アプリを一時的にオフロードする方法は、より高速な(およびより小さい)バージョンのダウンロードにつながります、「設定」>「一般」>「iPhone(iPad)ストレージ」>「アプリ」>「Appを取り除く」をおこなって再度アプリをインストールします

また同氏は、速度の改善はiPhone 6sなどの古いiPadおよびiPhoneモデルでも行われると述べています

Optimizing App Launch

AppleはWWDCの講演「Optimizing App Launch」でアプリの起動時間がどの程度速いかを計算しました

開発者が1ミリ秒の節約に成功した場合、すべてのiOSユーザーに外挿すると、なんと162日も節約できます、これは火星に行くのに必要なロケットの時間と同じくらいだと

Appleは、アプリケーションの起動を「ユーザーエクスペリエンスの中断」と呼んでいます

YouTubeチャンネルiAppleBytesは、直接比較でより速いアプリの起動を実証するために、「iOS 13 Beta Battle」というタイトルでビデオを公開しています

(Via ifun.)











COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 酔いどれ

    「効果を得るにはアプリの再インストールが必要」とあるが、Appleサポートに問い合わせたところ、その必要は無いとの回答でした、なぜ再インストールが必要かとの質問が在りました

    AppleはiOS 13のプレビュー( https://www.apple.com/jp/ios/ios-13/ )のパフォーマンスの項目の「アプリの起動はこれまでより最大2倍速く、ダウンロードサイズはより小さく」に在る「+」をクリックすると、以下のように説明しています

    「App Storeのアプリは、iOS 13で新しいパッケージ形式を取得します。
    iOS 13では、App Storeから利用できるアプリが新しい方法でパッケージ化されています。これにより、初めてダウンロードするアプリは最大50パーセント小さく、アプリがアップデートされる時には平均で最大60パーセント小さくなりました。起動も最大2倍高速です」

    さらに一番下の注釈の小さな文字で以下のように記しています
    「6. • 標準のピークパフォーマンスに対応するiPhone XS、iPad Pro(11インチ)と、iOS 12.3、リリース前のiPadOSおよびiOS 13を使用し、2019年5月にAppleが実施したテスト結果によります。試作App Storeサーバ環境でリパッケージした他社製アプリを使用しました。アプリアップデートのダウンロードサイズの縮小は、最も頻繁にアップデートされた複数のアプリを集めた平均にもとづいています。パフォーマンスは特定の構成、コンテンツ、バッテリーの状態、使用状況、ソフトウェアのバージョン、その他の要素によって異なります。」

    アップデートされたアプリはサイズが最大50%小さくなっているのでロード時間が少なくなるが、そのままのアプリでは元のサイズのままだと言うことで

    iOS 13がリリースされるタイミングで機種変更をした場合は、アプリはAppleのサーバーから再度ダウンロードされることになります

    システムだけアップデートした場合は、アプリがアップデートされるまで元のサイズのままだと言うことになるのでロードされる時間が短縮されないと言うことだと思います

    ただ、多くのアプリはiOS 13に対応するためにアップデートがおこなわれているので、順次に新しい方法でパッケージ化されたものななると思います

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)