iOS 13とiPadOS 13 beta 6では、アプリの起動スピードが2倍になる

iOS 13とiPadOS 13 beta 6では、アプリの起動スピードが2倍になる

パフォーマンスが大幅に向上

AppleのシニアソフトウェアエンジニアであるPierre Habouzitは、Twitterで、Appleが最近のbeta 6リリースのパフォーマンスを大幅に向上させたと述べています

詳細は、Appleは最初のiOS 13プレゼンテーションからスピードの約束を引き換えました、アプリの起動は以前よりも2倍速くなり、ダウンロードサイズは小さくなります

Appleは、iOS 13 プレビューのページのパフォーマンスの項目で次のように説明しています

  • さらに速くなったアプリケーションの起動
  • iOS 13では、アプリケーションの起動が最大2倍速くなります

  • アプリケーションのダウンロードサイズが小さく
  • 今年の秋より、App Storeから利用できるアプリケーションが新しい方法でパッケージ化され、最大50パーセント小さくなります

  • さらに速くなったFace IDのロック解除
    • iPhone X、iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XRのロック解除が最大30パーセント速くなります
    • 11インチiPad Proと12.9インチiPad Pro(第3世代)のロック解除が最大30パーセント速くなります
  • アプリケーションアップデートのサイズが小さく
  • アプリケーションアップデートのサイズが、平均で最大60パーセント小さくなります

スポンサーリンク

効果を得るにはアプリの再インストール

Habouzit氏が指摘しているように、インストールされたアプリケーションはAppleのサーバーから新たにロードされ、デバイスにロードされる必要があります

最も簡単なオプションは、iCloud バックアップを復元することです。または、アプリを一時的にオフロードする方法は、より高速な(およびより小さい)バージョンのダウンロードにつながります、「設定」>「一般」>「iPhone(iPad)ストレージ」>「アプリ」>「Appを取り除く」をおこなって再度アプリをインストールします

また同氏は、速度の改善はiPhone 6sなどの古いiPadおよびiPhoneモデルでも行われると述べています

Optimizing App Launch

AppleはWWDCの講演「Optimizing App Launch」でアプリの起動時間がどの程度速いかを計算しました

開発者が1ミリ秒の節約に成功した場合、すべてのiOSユーザーに外挿すると、なんと162日も節約できます、これは火星に行くのに必要なロケットの時間と同じくらいだと

Appleは、アプリケーションの起動を「ユーザーエクスペリエンスの中断」と呼んでいます

YouTubeチャンネルiAppleBytesは、直接比較でより速いアプリの起動を実証するために、「iOS 13 Beta Battle」というタイトルでビデオを公開しています

(Via ifun.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)