M4 iPad Proユーザーが粒子感のあるOLEDディスプレイの問題を報告

M4 iPad Proユーザーが粒子感のあるOLEDディスプレイの問題を報告

新しいM4 iPad Proが消費者の手に渡り始めていますが、一部のユーザーがディスプレイに気になる問題を発見しました。

Tandem OLEDシステムが明るい画像を約束しているにもかかわらず、初期の購入者から、画面に目に見える粒子状のアーティファクトが表示されると報告されています。この問題は、特に暗い環境でコンテンツを表示する際に顕著に見られます。

ユーザーの苦情と観察

複数のRedditユーザーが、M4 iPad Proのディスプレイの粒子感について、その経験を共有しています。特に薄暗い部屋で画面を近くで見ると、粒子感が非常に明らかになります。


あるユーザーが提出したスクリーンショットでは、暗いメニュー要素を表示した際に問題が明確に示されており、粒子感が非常に目立っています。
Grainy screen.
このディスプレイの問題は一部のユーザーにとって懸念事項かもしれませんが、大多数のM4 iPad Proオーナーにとっては大きな問題ではないかもしれないことに留意することが重要です。

粒子感は通常、意図的に探さない限り気づかないため、本当に問題だと感じるユーザーはごく一部かもしれません。

考えられる原因:ムラ現象

Appleはまだこれらのユーザー報告に公式にコメントしていませんが、この問題は「ムラ現象」または「曇り」と呼ばれる現象が原因である可能性があります。

ムラ現象とは、ピクセル間の不均一性を指し、多くの場合、画面の照明が不適切であることが原因で発生します。例えば、ピクセルに十分な電圧が供給されない場合、その外観が周囲のピクセルと異なることがあります。

ムラ現象は、バックライトに依存するLCD画面や、自己発光型のOLEDパネルのピクセルで特によく見られます。ムラが発生する主な理由はいくつかありますが、主に製造工程に関連しています。


ディスプレイは複数の層から構成されているため、層の重ね方が不完全だとこの問題につながる可能性があります。さらに、製造過程での汚染がOLEDパネルの結晶に影響を与え、ムラ現象を引き起こす可能性もあります。

ムラは、複数のメーカーやサプライヤーに共通する非常によくある問題であり、多くの場合、避けられないと考えられています。多くのケースでは、ムラ現象はディスプレイパネルの欠陥とはみなされていません。

報告された粒子感の事例が主に暗いUI要素で発生していることを考えると、ムラ現象が原因である可能性が高いと思われます。ただし、Appleが短期的にこの問題に対する即時の解決策を提供する可能性は低いでしょう。

結論

M4 iPad Proで報告されている粒子感のあるディスプレイの問題は、全く意外ではありません。Tandem OLEDシステムのような新しいディスプレイ技術への移行には、製造工程と品質管理に関連する課題がつきものです。

ムラ現象は一部のユーザーにとって視覚的に気が散る要因になる可能性がありますが、さまざまなディスプレイ技術やメーカーに共通する問題であることを認識することが重要です。


ほとんどの場合、ムラ現象は全体的なユーザーエクスペリエンスやデバイスの機能に大きな影響を与えることはありません。

Appleが製造工程を改善し、サプライヤーと緊密に連携し続けることで、将来のiPad Proモデルでのムラ現象の発生頻度は減少すると思われます。

まとめ

M4 iPad Proで報告された粒子感のあるディスプレイの問題は、一部の初期購入者の間で懸念を引き起こしています。
ムラ現象がこの問題の原因である可能性がありますが、さまざまなディスプレイ技術やメーカーに共通する問題であることを肝に銘じておくことが重要です。
Appleが製品の革新と改良を続けるにつれ、これらのディスプレイの不均一性は将来のiPad Proの反復で解決されていくでしょう。
現時点では、ムラ現象にそれほど敏感ではないユーザーは、M4 iPad Proの多くの機能と性能を十分に楽しむことができます。

(Via Apple Insider.)


COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By horohorodori

    画像、映像を扱う人たちには大問題なんですが

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)