2022年iPad Proのこれまでの情報、日本では為替の違いで価格が大幅にアップする可能性も

2022年iPad Proのこれまでの情報、日本では為替の違いで価格が大幅にアップする可能性も

Appleは2022年に次世代のProをリリースする予定で、2021年のM1チップ、mini-LEDディスプレイ、5Gサポートから、今年はM2チップを搭載と噂されています

デザイン

BloombergのMark Gurman氏によると、2022年版iPad Proは背面にはワイヤレス充電を可能にするガラスになる可能性があり、それはMagSafeを利用する可能性が高いとのこと

ワイヤレス充電は、通常の電源ケーブルを誘導性マットで置き換えるもので、ユーザーがデバイスのバッテリーを充電しやすくします、スマートフォンでは一般的な機能になっているが、タブレットでは珍しいと言えます

AppleはiPad Pro用にもマグネットベースのMagSafeシステムをテストしていて、ワイヤレス充電は、iPadのThunderboltポートに直接充電器を接続するより充電速度が遅くなる可能性があり、Thunderboltポートは次期モデルに引き続き搭載される予定です

9to5Macは、iPad Pro 2022では、ガラス製の筐体を採用しているため、実際には破損しやすく、壊れやすいという欠点があり、Appleが「MagSafe」を搭載するiPad Proを刷新する計画が行き詰まっていることを知りました

情報筋によると、同社はAppleのロゴを大きくした(新型MacBook Proのロゴと同様)iPad Proのプロトタイプを開発したが、こちらはガラス製で、そのため、電力はガラスのロゴを通して伝達されることになります

また、このプロトタイプでは、事故を防ぐために磁石を強くし、iPhone用のMagSafeよりも速い速度での充電に対応しています

スポンサーリンク

ディスプレイ

ディスプレイについては、Appleは11インチと12.9インチの2サイズを維持するとみられます

11インチモデルはmini-LEDディスプレイ用の液晶パネルに切り替わると噂されていましたが、アナリストのRoss Young氏とMing-Chi Kuo氏は最近、製造コストの高さから、Appleはより小型のiPadではLCD技術を維持すると述べています

プロセッサー

AppleはM1チップを追加して多くの人を驚かせましたが、まもなく発売される2022年版のiPad ProにもM チップのアップグレードが搭載されると予測されます

当然ながら、このiPadにはM2チップが搭載されることになり、M2チップは再設計されたMacBook Airとともにリリースされるとうわさされています

9to5Macの情報筋によると、新iPadには新プロセッサが搭載され、M1より高速ですが、M1 Pro、Max、Ultraチップには及ばないでしょう

ストレージ

そのストレージ機能については、2TB以上のストレージに関する噂がないことから、Appleが同じオプションを維持する可能性が高い、ということになります

現行のモデルのストレージサイズは

  • 128GB
  • 256GB
  • 512GB
  • 1TB
  • 2TB

AppleはiPhoneでは64Gバイトモデルを採用せず、新型Macはすべて256Gバイトモデルからとしているため、同社が2022年モデルのiPad Proのストレージのスタートを128Gバイトから256Gバイトに変更するのは理にかなっていると言えます

スポンサーリンク

バッテリ、5G、および新しいアクセサリ

9to5Macは、Appleがより大容量のバッテリを搭載する新しいiPad Proに取り組んでいることを確認しました、Magic Keyboardによってバッテリが過度に消費されるという不満を訴えるユーザーもいるからです

それだけでなく、Appleは2022年モデルを、iPhoneよりもさらに高速なMagSafe充電器で充電できるようにする可能性が高いとされています

2022年版Apple Proには5G機能が搭載されるという噂はありませんが、おそらく次期モデルには複数の周波数帯が追加される可能性が高いと思われます

新しいアクセサリーに関する噂もありませんが、同社はiPad Proの充電用にMagSafeコネクターを導入する予定なので、少なくともSmart FolioとMagic Keyboardには何らかの調整が必要かもしれません

2022年iPad Proの発売日は?

当初、このiPad Proと一緒に新型MacBook Airも発表されるのではないかと予想されていましたが、どうも新型MacBook Airは6月に発表予定と言うことで、iPad Proは今年後半に発表される可能性が高いようです

BloombergのMark Gurman氏も、ニュースレターのPower Onで、Appleがこの新しいiPad Proを9~11月に発売する可能性が高いと書いています

スポンサーリンク

2022年iPad Proの価格は?

2021年モデルの12.9インチiPad Proは、mini-LEDディスプレイが追加されたことで価格が100ドル引き上げられました

AppleがPro iPadの価格を変えるとは考えられそうもありません、その主な理由は、11インチ版にmini-LEDが搭載されることがないからです

現行の価格:iPad Pro 11インチ Wi-Fi

  • 128GB: 94,800円
  • 256GB: 106,800円
  • 512GB: 130,800円
  • 1TB: 178,800円
  • 2TB: 226,800円

現行の価格:iPad Pro 12.9インチ Wi-Fi

  • 128GB: 129,800円
  • 256GB: 141,800円
  • 512GB: 165,800円
  • 1TB: 213,800円
  • 2TB: 261,800円
  • 為替の違い

    2021年モデルの為替は1ドル約120円で計算されていましたが、円安の中で発売された最新のMac Studioは、1ドル約125円で計算されています、最近の為替を見ると1ドル約128円と円安傾向がさらに進んでいます、今年後半に向けてこの傾向が改善しなければ、良く見ても11インチが104,800円スタート、言われているように最低が256GBとなると126,800円からとなり、iPad Pro のスタート価格が約3万円もアップしてしまう可能性は容易に考えられます

    (Via 9to5Mac.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)