M1 チップがiPad Proに信じられないほどのもたらしたアップグレードとは?

M1 チップがiPad Proに信じられないほどのもたらしたアップグレードとは?

Appleが新しいiPad ProモデルにM1チップを搭載することを決定したことは、大きな変化をもたらします

Appleは、2021年春のイベントで、強力なM1チップを搭載した新しいiPad Proを発表しました、多くのファンにとって、これは両手を広げて受け止められました

M1チップは信じられないほどパワフルで性能も高いため、それをiPadに搭載することで、そのプラットフォームがさらに進化することは間違いありません、その理由とは?

M1チップとは?

AppleのM1チップは、Apple初の自社設計によるプロセッシングチップです

M1は、CPU、GPU、RAM、ニューラルエンジンなどの複数のコンポーネントを1つのユニットにまとめた、System on a Chip(SoC)です

M1 iPad Pro 0422 00001

Appleはこのチップで、160億個という驚異的な数のトランジスタを搭載し、記録を更新しました、これらのコンポーネントを1つのチップに統合することで、デバイスの内部処理を高速化しています

だからこそ、AppleはM1の高い性能を誇ることができたのです

Apple M1 Chip 00001

このチップは、2020年のMacに搭載されたもので、2006年からMacに搭載されていたインテル製チップとは異なります。この変更は、Macデバイスにさらなる処理能力をもたらし、Appleがインテルの提供するものよりも優れたパフォーマンスを柔軟に提供できるようにするためのものでした

スポンサーリンク

M1がもたらしたMacの進化

AppleのM1チップは、ゲームチェンジャーでした、このチップの優れた処理能力により、最新のMac、そして今回のiPad Proでは、いくつかの大きな進化が実現しました

まず、M1チップのおかげで、バッテリー駆動時間が格段に長くなりました。最初のM1 Macが発表されたとき、Appleは最長20時間のバッテリー駆動時間を謳っていました

実際に使ってみると、多くのユーザーがそれに近い結果を得られました、これは、IntelベースのMacに比べて約25〜30%の改善になります

コンピュータで集中的な作業をしているときに、ファンの回転音がよく聞こえることがありますが、もうそんなことはありません

M1 MacBook Proにはファンが搭載されていますが、ほとんどのユーザーが、ファンの動作音を聞いたことがないと言っています、これは驚きです

M1チップの性能は、ベンチマークテストと実使用テストの両方で明確に示されています

ベンチマークのスコアでは、M1チップを搭載したMacは、Appleが提供する最も高性能なインテルベースのMacよりも高い数値を達成しました

M1 iPad Pro 0422 00003

実機テストでは、ゲームやビデオ処理などの集中的な作業を、M1マシンはより速く実行することができました。ユーザーは、M1のMacでXcodeを解凍するのに、通常は10〜15分かかるところを、わずか5分でできたとツイートしています

YouTuberらは、Final Cut Proによる動画の書き出しと処理が、Intel Macの半分の時間で済んだことを紹介しています

Appleの好き嫌いにかかわらず、M1チップがMacコンピュータのパフォーマンスを大幅に向上させたことは議論の余地がありません、そしてそれは、今回のiPad Proにも受け継がれています

M1がiPadにもたらすもの

Macに搭載されているM1チップがどれほどパワフルかを説明しました、では、その処理能力をiPad Proに搭載した場合を想像してみてください

すでにパワフルなiPad ProとMacBookを比較することはよくあることで、ラップトップを捨ててiPad Proを購入する人も少なくありません

また、MacBookに対抗するために、iPadがさらにパワフルになることを望む声もありますが、その日がやってきました

M1 iPad Pro 0422 00004

高速でパワフルなM1チップをiPadに搭載することで、コンピュータを捨ててタブレットを選ぶという考えをさらに後押しすることになります

iPadのモデル、特にProラインは、すでにMacBookと同じタスクの多くをこなすことができます、Appleがこれらのデバイスのプロセッサを同等にしたことで、それはさらに真実味を帯びてきました

ノートパソコンを持ち歩く必要はありません、フットプリントがはるかに小さく、タッチスクリーンが使えて、スタイラスも使えるiPadを使えばいいのです

適切なアクセサリーを使えば、ラップトップのようにも見えます

同じ処理能力をバッテリー駆動時間の改善に活用することで、従来のiPad Proのバッテリー駆動時間は、Appleが謳う「1日中使える」までになりました、これは、前モデルのiPad Proの10時間のバッテリーを上回るものです

M1の8コアCPUデザインは、A12Z Bionicチップよりも最大50%速いCPUパフォーマンスを実現している、とAppleは主張しています、また、新しいM1 iPad Proは、最大で40パーセント速いGPUパフォーマンスを実現できるとしています、これにより、新しいiPad Proは、市場で入手可能な最速のタブレットとなります

ビデオの視聴、ビデオの処理、ライブストリーミング、そして一般的な生産性向上のための作業が、より効率的に行えるようになります

M1チップの処理能力により、iPadはこれらの作業を快適に行うことができます、また、M1 Macのように、アプリケーションの動作も速くなることが期待できます

M1 iPad Pro 0422 00005

M1チップは、これまでのAシリーズチップと基本的なアーキテクチャを共有しているため、新しいM1チップを最大限に活用できるよう、iPadOSはすでに最適化されているとAppleは説明しています、ソフトウェアの変更は一切ありませんので、安心して使うことが出来ます

スポンサーリンク

Center Stage

Center Stageを使うと、iPad Proからのビデオ通話がさらに簡単になります、日本語の翻訳では、Center Stageはセンターフレームと言っています

Center Stageは、iPad Proに搭載された前面カメラシステムとM1チップの素晴らしいパワーを活用しています

Center Stageとは?

Senter Stage

Center Stageは、iPadからハンズフリーでビデオ通話ができる機能です、このデバイスに搭載されたカメラは、本人が動き回っても追跡し、本人をフレーム内に留めておきます、これにより、通話中に他の作業を行うことができます

動き回っていても、iPadはビデオ通話のフレーム内に本人を留めておきます、そのため、通話相手には姿だけが見え、周囲の景色は見えません

Center Stageのもう一つの利点は、Appleがこの機能をすべてのビデオ通話で使えるようにしていることです、Center Stageは、FaceTimeだけではなく、サードパーティ製のアプリでも機能します

Appleは、この機能の活用を開発者に促すために、APIを公開しました

Center Stageの仕組みは?

AppleのiPad Proの機能は、2021年のデバイスに追加された12MP超広角TrueDepthカメラを利用しています、しかしCenter Stageは、この素晴らしいカメラを使うだけでなく、M1チップのNeural Engineにも依存しています

iPad Proに搭載されたM1チップでは、ビデオ通話中にバックグラウンドで高度な機械学習を行うことができます、この機械学習は、ユーザーがフレーム内にいることを認識し、デバイスがユーザーを常にフレームの中央に保つようにします。

もちろん、通常のイメージトラッキングカメラのように、iPad自体がフレームの中心に位置するように動き回るわけではありません

そうではなく、カメラはiPadOSを使ってデジタルでパンやズームを行います

スポンサーリンク

センターステージの使い方

Center Stageを利用するために、ユーザーは何もする必要はありません、互換性のあるデバイスがあれば、Center Stageは、iPhoneのカメラでDeep Fusionが動作するのと同様に、ビデオ通話のバックグラウンドで自動的に動作します

Center Stage 00002

ビデオ通話を開始すると、iPad Proは自動的にビデオをクロップして、部屋の中のあなたを追いかけます、本人は、自分の仕事を続ける以外に何もする必要はありません、また、動き回っていても話している相手は見ることができます

不可解なこと

今年のiPad Proには不可解なところが一つあります

これまでカメラの画質はリアカメラがフロントカメラに対して圧倒的に高画質となっていました、先ほど説明したSenter Stageのフロントの超広角カメラは12MPで、なんとリアの超広角カメラは10MPと逆転しています

iPadの未来

Appleは、新しいiPad ProにM1チップを搭載することで、Macに革命をもたらしたパワフルな処理能力をタブレット製品にももたらしました、これには、タブレットファンなら誰でも興奮するはずです

iPadがMacと同じ処理能力を手に入れたことで、ますます多くの人がノートパソコンではなくタブレットを選ぶようになるでしょう、iPadは多くのデバイスを置き換えようとしています

スポンサーリンク


2019年からの本体デザインは、翌年のiPhone 12や今年のM1 iMacの筐体へ受け継がれ、2020年のLiDARスキャナーは同年のiPhone 12 ProのLiDARスキャナーへ、今年のMini-LEDやSenter Stageは、今年後半のiPhone 13や16インチMacBook Proや27インチiMacのリフレッシュ版に引き継がれるのではと?

M1 iPad Pro thumbnail

こうして見ると、最先端のテクノロジーを最初に取り入れているのがiPad Proと言うように見えます、サイズ的にiPhoneとMacの間で流用しやすいと言うのがあるのかもしれません?

これは益々、iPad Proから目が離せなくなってきます











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)