「iOS 14.5」リリース後、広告主にどのような影響が及ぶかを示すFacebookのメモが流出

「iOS 14.5」リリース後、広告主にどのような影響が及ぶかを示すFacebookのメモが流出

Appleは今週、iOS 14.5をリリースしました、このiOS 14.5には、サードパーティのアプリケーションがウェブ上でユーザーを追跡するのを防ぐ、待望の「App Tracking Transparency」機能が搭載されています

この機能が発表されて以来、Facebookはこのオプションが同社のビジネスモデルに与える影響について不満を表明してきましたが、このたび流出した企業メモにより、広告主がどのような影響を受けるかが明らかになりました

一部の広告主に送られたメモは、App Tracking TransparencyがFacebookとInstagram上の広告にどのような影響を与えるかを説明しています

Facebookは、ユーザーが今後数週間のうちにデバイスをiOS 14.5にアップデートすると、広告キャンペーンの結果が徐々に「変動する」と予想しています

スポンサーリンク


”広告主は、iOSユーザーに関しては、コンバージョンに至るまでの推定期間を指定して広告をターゲティングすることができなくなります”とメモに書かれています

  • 1日のクリックスルーオプトアウトデータは、広告主向けにモデル化されます。
  • 7日間のクリックスルーおよび1日間のビュースルーアトリビューション設定には、iOS14.5のオプトアウトイベントが含まれなくなります
  • 28日間のクリックスルー、7日間のビュースルー、28日間のビュースルーのアトリビューションツールは、広告主が利用できなくなります

iOS 14.5を使用しているユーザーの場合、FacebookとInstagramの両アプリは自動的にトラッキング設定をオプトアウトします

また同社は、iOS 14.5ユーザーをターゲットにしたモバイルアプリのインストールキャンペーンのようなものを作ることはできないと明言しています、iOSユーザーを対象ユーザーとして現在アクティブなキャンペーンは、iOS 14.5を使用しているユーザーには表示されなくなります

今後数週間、広告主は、より多くのユーザーが追跡を拒否することで、広告の対象者が減少することを予想する必要があります、これはもちろん、広告を主な収入源としているFacebookの収益にも影響を与えるはずです

(Via 9to5Mac.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)