iPad ProのLiDARスキャナーは写真アプリケーションに対応できず、カメラはIPhone 11よりも劣る

iPad ProのLiDARスキャナーは写真アプリケーションに対応できず、カメラはIPhone 11よりも劣る

iPad Pro(第4世代)に搭載されたカメラアレイを詳細に調査したところ、これまでのすべてのiPadと同様、現行の最上位モデルであるiPhoneと同水準には達していないことが明らかになりました

iPad Pro 2020 のカメラアレイは、2つのレンズとLiDARスキャナーを搭載しています

Halide Cameraアプリの開発者であるSebastien de With氏がカメラのセットアップを詳しく調べたところ、iPad Proのカメラは、Appleの現在のプレミアムハンドセットシリーズであるiPhone11に搭載されているアレイよりも劣っていることがわかりました

サイドバイサイドで比較すると、2020年版iPad Proの広角レンズで撮影された写真は、2018年版iPad Proで撮影された写真とほぼ同じであることがわかります

スポンサーリンク


興味深いことに、iPad Proの超広角カメラは、昨年9月にiPhone 11と11 Proでデビューしたものと同じモジュールではありません

センサーも変更されています、iPhone11で採用された12メガピクセルのモジュールとは異なり、新しいiPad Proの超ワイドは10MPのセンサで、画像出力は3,680ピクセル×2,760ピクセルに制限されています

とは言え、センサーが小さいと、iPhone 11の1 / 45,000秒と比較して、最小露出1 / 62,000秒で感度がわずかに向上します

IPad Pro LiDAR Scanner 0000 z

2020 iPad Pro(右)による同じシーンキャプチャと比較したiPhone 11 Proの写真

新しいLiDARスキャナについては、他のものと同様に、少なくとも現時点では、センサーの解像度は写真補正アプリケーションには不十分である可能性があると指摘しています

システムから収集したデータは、部屋の規模でより大きなオブジェクトを解決するのに適していますが、たとえば、ポートレートモードなどの既存のテクノロジーを補強するほど詳細ではありません

(Via Apple Insider.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)