Apple、4月18日にソウル店を中華圏以外で初めて再開へ

Apple、4月18日にソウル店を中華圏以外で初めて再開へ

Apple Storeの閉鎖は当初、3月27日まで続く予定だったが、世界的な健康問題の進展により、Appleが直営店を運営する各市場の状況を評価した結果、無期限の閉鎖が必要となりました

3月下旬のメモは、適切な時期にのみ再開するという同社の「時間差」アプローチを説明しています

当時Appleはいくつかの店舗が4月の前半に再開を開始することができると予想していました

米国の状況により、店舗の営業再開のスケジュールは5月まで延期されており、シンガポールなどの地域では、最初の緩和策が成功した後、新しいコロナウイルス感染が増加しています

Appleは、危機に対する韓国の適切な対応により、韓国での営業再開を選択しています

ソウルのApple Garosugilが4月18日に再オープンする際、同ストアではGenius Barの予約や注文受付を行い、顧客にオンラインショッピングの継続を促します、店舗の営業時間は一時的に12時~20時に短縮されます

(Via 9to5Mac.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)