Appleは、iOS14.6を搭載したiPhoneおよびiPadでショートカット機能を高速化

Appleは、iOS14.6を搭載したiPhoneおよびiPadでショートカット機能を高速化

Appleは今週、iOS 14.6を一般公開したが、これにはAirTag、Apple Card Family、Apple Podcastアプリの有料サブスクリプションなどのサポート強化が含まれます

しかし、Appleは、ショートカットアプリに改良を加えたようで、最新バージョンのOSを搭載するiPhoneとiPadで、アクションを高速に実行できるようになっています

TwitterやRedditで一部のユーザーが報告しているように 「iOS 14.6」と「iOS 14.7」ベータ版では、ショートカットアプリのアクションが高速に実行されました

700のアクションを含むショートカットは、これまでiOS 14.5では約30秒かかっていたが、今ではiOS 14.6ではわずか13秒で動作すると報告されています

9to5Macはいくつかのテストを行っており、実際、iOS 14.6とiOS 14.7ベータの両方でいくつかの改善が見られます、しかし、考えていたように、これは数十から数百のアクションを伴うショートカットの場合にのみ、より顕著になります

スポンサーリンク


あるテストで、380アクションのショートカットを実行したところ、iOS 14.5.1を搭載したiPhoneでは8秒で完了でしたが、iOS 14.6を搭載した別のiPhoneでは4秒で完了しました

テストはA 14 Bionicチップを搭載したiPhone 12 miniとiPhone 12 Pro Maxで行われました

AppleはiOS 14.6のリリースノートで、ショートカットアプリの改善について何も言及していないが、今回のアップデートでアプリが速くなったことは喜ばしいことです

(Via 9to5Mac.)

これだったんだ!

今朝、Macstoriesが公開している「Apple Frame」(スクリーンショットをAppleのデバイスに合成するショートカット)を利用した際に、iPhoneに入っている写真を書見込むため枚数が多いのでこれまでは、かなり時間がかかっていました

それが、アッと言う間に終わって何事かと思っていたのですが、これで納得が行きました

以前の時間を計測していないので正確な早さはわかりませんが、感覚的には2〜3倍くらい早くなったと感じています











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)