iPhone用iOS 14の新機能と変更点、その5 カメラの新機能

iPhone用iOS 14の新機能と変更点、その5 カメラの新機能

iPhone向けの新しいiOS 14がこの秋に登場します

170以上の新機能と変更点があります、主なものには「ウィジェットの改善」「ホーム画面のカスタマイズの改善」「エキサイティングなメッセージの改善」「カメラと写真の新機能」などがあります

現在開発者には、Developer Beta版がリリースされ、7月にはpublicベータ版もリリースされる予定です

対応デバイス

iOS 13をサポートするすべてのiPhoneモデルは、iOS 14もサポートします

  • iPhone 11
  • iPhone 11 Pro
  • iPhone 11 Pro Max
  • iPhone XS
  • iPhone XS Max
  • iPhone XR
  • iPhone X
  • iPhone 8
  • iPhone 8 Plus
  • iPhone 7
  • iPhone 7 Plus
  • iPhone 6s
  • iPhone 6s Plus
  • iPhone SE (1st generation)
  • iPhone SE (2nd generation)
  • iPod touch (7th generation)

スポンサーリンク

カメラの新機能

IPhone 12 Pro Motion 00004 z
新しい機能としては、古い機能に対するデバイスサポートの追加、いくつかのツールの改善、クールなショートカットなどがあります

1. QuickTakeがiPhone XR、XS、XS Plusで利用可能に

QuickTakesでは、カメラの「写真」モードからすぐに動画をより速く撮影することができ、これまではiPhone 11以降でしか利用できませんでした

iOS 14では、2018年のラインナップ であるiPhone XR、XS、XS Plusもこの機能を手に入れることができます

2. アップデートされたナイトモードのキャプチャ

iPhone 11と11 Proでの機能Nightモードが、以前よりは改善されています

Appleは「カメラはジャイロスコープを使用してガイダンスインジケータを表示し、撮影中は常に安定します、また、キャプチャの終了を待つのではなく、キャプチャの途中でキャンセルすることもできます」と述べています

3. ボリュームボタンでバースト&クイックテイクをキャプチャ

iPhone 11以降でQuickTakeがリリースされたとき、「写真」モードのときは、どちらかの音量ボタンを押したままにする動作がQuickTakesを撮影する動作に切り替わりました

古いデバイスではこの方法でしかバースト撮影ができなかったにもかかわらず、それはバースト撮影を行うアクションに取って代わりました

iOS 14では、 「QuickTake」 のショートカットを残したままバーストオプションが復活しました、設定を調整するだけで、バースト画像では 「ボリュームアップ」 、QuickTakesでは 「ボリュームダウン」 を使用できます

4. ボリュームボタンのアクションは、iPhone XR, XS & XS Plusにより多くのモードをサポート

バーストモードやQuickTakesモードでは、カメラアプリのボリュームボタンを押したままにすることができます、iPhone 11以降のiOS 13では、長押ししてスローモーションビデオ、通常のビデオ、またはパノを開始し、放して録画を停止することができます

新しいiOS 14では、QuickTakesと同様にiPhone XR、XS、XS Maxが追加されています

スポンサーリンク

5. すべてのiPhoneは、動画を撮影しながら解像度&フレームレートを切り替えることができる

「ビデオ」モードで動画を撮影する際には、ツールバーにクイックトグルがあり、フレームレートや解像度を切り替えることができます

6. 露出とフォーカスを別々にロックできるように

これまでは露出とフォーカスを一緒にロックすることができましたが、iOS 14では両方を別々にロックするコントロールがあり、写真やビデオの撮影方法をより細かく、プロレベルにコントロールできます

フォーカスと露出をロックするには画面を長押しする必要がありますが、ツールバーでは必要な場所に露出を微調整することができます

7. 露出調整は保存された設定でロックできる

カメラの保存設定メニューの新しいオプションは、「露出調整」で、このオプションをオンにすると、最後に使用した露出が記憶され、露出調整インジケータが表示されます

8. 鏡面写真が撮れるように

「設定」>「カメラ」>「前面カメラを左右反転」をオンにすると、自撮り写真が鏡のように表示されます、ファインダー画面上では何も変わって見えませんが、自撮りをした後は、画像が反転していることに気がつきます

9. カメラのLEDインジケーターが開く

TrueDepthカメラの横にはLEDがあり、Cameraアプリを起動すると、操作に応じて緑からオレンジに変わります

スポンサーリンク

10. カメラはQRコードをより簡単に見つけることができる

QRコードをスキャンするには、通常、真横に真正面から行かなければなりません、あまりにも小さいと、うまくいかないかもしれません、また、平らな場所にない場合も同様です

しかし、iOS 14 ではあまり理想的ではないQRコードでも動作することができます

11. 写真撮影がさらに高速化

Appleによると、写真の撮影速度は90%速く、最大4フレーム/秒だと言います、最初のショットを撮るのが25%速くなりました、ポートレート撮影では、中間の写真が15%速くなりました

Appleは、「パフォーマンスは、特定の構成、コンテンツ、バッテリの状態、使用状況、ソフトウェアのバージョン、照明、環境条件、およびその他の要因によって異なります」と述べています

12. より高速な撮影に優先順位を付けることができる

カメラの設定に「より速い撮影を優先する」という新しいオプションがあります

これを使えば、シャッターを素早く処理する際に画質をインテリジェントに適応させることができます

画質管理には最適なオプションではないかもしれませんが、気がつくほどには画質は落ちません











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)