Apple、オフラインディクテーションや翻訳での日本語サポートなどSiriに追加される5つの新機能

Apple、オフラインディクテーションや翻訳での日本語サポートなどSiriに追加される5つの新機能

今年の後半には、Siriは新しい機能と機能を取得するだけでなく、iPhoneやiPad上の新しい、より邪魔にならない外観、および新しい翻訳能力を取得します

Appleは明らかに次期バージョンのSiriに開発作業を組み込んでいます、これはおそらくSiriが常にGoogleやAlexaなどの競合他社に後れを取っているように見えているからです

1. 邪魔にならないデザイン

最大の変化は、実際には最も目立たない変化で、iOS 14やiPadOS 14でSiriをアクティベートすると、画面全体ではなく小さな領域を占めるだけになります

ユーザーは、使用しているアプリを隠すのではなく、画面下部に浮かんでいるSiriのシンボルの出現によってSiriを起動したことを知ることになり、答えは画面の上部から簡単にスワイプできる通知として表示されます

スポンサーリンク

2. ボイスメッセージを録音する

Siriから直接、音声メッセージを録音して送信できるようになります

「Hey Siri、音声メッセージを送信して」というコマンドを言うと、Siriはすぐに音声の録音を開始します、録音はメッセージングアプリを介して送信できます

IOS 14 Siri 00002 z

3. オフラインディクテーション

もう一つの新機能は、Siriの音声認識をベースにしたディクテーション機能です

iPhone、iPad、Macにディクテーションして、入力したテキストを書き写すことは以前から可能でしたが、これはSiriとは別の機能でした

iOS 14およびiPadOS 14では、iPhoneやiPadではキーボードの下にあるマイクのアイコンをタップすることでディクテーションを起動することができます

新しいのは、これらのディクテーションがインターネットに接続されていなくても動作するようになりました

使用するには追加のデータをダウンロードする必要があり、この機能はiPhone XSモデル以降のiPhoneでのみ利用可能です

今のところ、対応言語は英語、北京語、日本語、フランス語、ドイツ語、スペイン語となっています

スポンサーリンク

4. より良い知識

Siriにも詳しい情報がり、Appleによると、Siriは「冥王星は惑星ですか?」などの質問に対してより適切に回答できるはずであり、3年前に比べて20倍の情報を提供するようになります

5. 翻訳

Siriはすでにいくつかの翻訳を提供することができますが、この機能は、観光客やタクシー運転手のような2人のリアルタイムの会話ではなく、フレーズのみをサポートしています

iOS 14およびiPadOS 14では、「翻訳」と呼ばれる新しい翻訳アプリがSiriを使って、話した文章をすぐにテキストに翻訳して翻訳してくれるようになります

IOS 14 Siri 00003 z

iPhoneを横向きにすると、アプリは2人が使いやすい翻訳モードを提供します、それぞれの人の言語が自動的に認識されて翻訳されます

このアプリは完全にオフラインで動作し、現在は英語、北京語、日本語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、スペイン語、日本語、韓国語、アラビア語、ポルトガル語、ロシア語に対応しています

(Via Macworld.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)