iOS 14には新しいオレンジと緑のインジケータがあり、マイクとカメラを使っているアプリを警告

iOS 14には新しいオレンジと緑のインジケータがあり、マイクとカメラを使っているアプリを警告

iOSはプライバシー重視の機能で知られており、最新のiOS 14も例外ではありません

iOS 14の新機能で、アプリがiPhoneマイクをバックグラウンドで使っているときはオレンジ色のライトを、カメラを使っているときは緑色のライトを点滅させることがわかりました

同じことが、アプリがデバイスの前面カメラと背面カメラのどちらを使用しているかを示す緑色のインジケータにも当てはまります

いずれかのアプリがバックグラウンドでカメラにアクセスしようとすると、画面に緑色のインジケータが点灯します

マイクがアクティブになると、画面の右上隅にオレンジ色の点が表示されます、これは、MacでWebカメラを使用しているときに点灯する緑色のライトインジケータによく似ています

IOS 14 Microphone and Camera 00002 z

今後、FacebookやInstagramの疑いがある場合は、いつでも画面のオレンジ色のライトを確認で切るようになりInstagramはユーザーの会話を盗聴しています

スポンサーリンク


Facebookや同社が所有する他のアプリは、バックグラウンドでマイクを起動するという説があります、このデータは、高度にカスタマイズされた広告でFacebookがユーザーをターゲットするのに役立つと言われています

その後、Facebookはこの疑惑を否定しました、おそらく、iOS 14のオレンジ色のインジケータはあなたの恐怖を終わらせることができるはずです

AppleはiOS 14向けに多くの新しいプライバシー機能を追加したが、オレンジ色のインジケータはその1つにすぎません、iOS 14のその他のプライバシー機能には、アプリがシステムのクリップボードにアクセスしようとしていることを通知する通知機能があります

これにより、アプリがパスワードやその他の重要な機能をクリップボードからコピーしようとしている場合に警告が表示されます

また、いずれかのアプリがバックグラウンドでカメラにアクセスしようとすると、画面に緑のインジケータが点灯します

緑のインジケーターは、いずれかのAppがバックグラウンドで前面または背面のカメラにアクセスしている場合に警告します

(Via iPhone Hacks.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)