Appleの新しいARMベースのMacはBoot CampでWindowsをサポートしない

Appleの新しいARMベースのMacはBoot CampでWindowsをサポートしない

Appleは今年後半からMacを独自のARMベースのプロセッサに切り替える予定ですが、その上でWindowsをBoot Campモードで実行することはできません

Microsoftは、新しいハードウェアにプリインストールするためにPCメーカーにARM上のWindows 10のライセンスを与えているだけで、OSのコピーを誰にでもライセンスを与えたり、自由にインストールしたりできるようにしていません

「MicrosoftはARM上のWindows 10をOEMにのみライセンス供与している」と、Microsoftの広報担当者はThe Vergeへの声明の中で述べています

The VergeがARMベースのMacでBoot Campを使用できるようにするために、このポリシーを変更する予定があるかどうかをMicrosoftに尋ねたところ、同社は「現時点ではこれ以上の情報は何もありません」と答えています

Appleは今年後半にARMベースのMacでOfficeを使えるようにするためにMicrosoftと緊密に連携していますが、同社はWWDCでBoot Campをサポートしていないことには言及していませんでした

ARM based Mac support Windows 00002 z

それは、両社がまだ何らかのサポートに向けて取り組んでいる可能性があります、しかし、そのためには、MicrosoftがARMライセンス上のWindows 10をより広く開放する必要があります

スポンサーリンク


ARMベースのMac上でWindowsを実行する他の方法には、VMWareやParallelsのようなアプリを使った仮想化が含まれますが、これらはAppleの翻訳技術Rosetta2ではサポートされません

ARMベースのMacでは仮想マシンアプリを完全に再構築する必要があるが、それがARM上のWindowsで実行可能なソリューションなのか、VMWareやParallelsなどがWindowsサポートを使ってこれらのアプリを作ることを約束するのか、今のところはっきりしていません

ARMベースのMacでのWindowsの状況は、複雑で最悪の場合は不可能に見えます、一番の望みは、MicrosoftがARMベースのMacに対する厳格なライセンスモデルを変更することですが、Appleが将来のMacハードウェア用にARM上のWindowsドライバを作成する必要があることに変わりはありません

AppleのARMベースのMacでARM上でWindows 10をネイティブに実行することは、すぐには、あるいは全くないかもしれません

(Via The Verge.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)