「iOS 11」は、より多くのプライバシーを守るための機能をユーザーに提供

「iOS 11」は、より多くのプライバシーを守るための機能をユーザーに提供

まいど、酔いどれ( @yoidoreo )です。

プライバシーを守る

Appleは、新しいソフトウェア機能を宣伝するたびにユーザーのプライバシーを守る傾向がある

Appleの経営幹部がユーザーデータの保護に本当に関心を持つだけでなく、プライバシー志向の哲学も、AppleがGoogleのようなライバルと差別化を助けています

今週の月曜日のアップルのWWDC基調講演では、予想外に、Googleにはそれほど微妙ではないジャブが含まれていました

iOS 11では、Appleがプライバシーを尊重したユーザーにもっと安心できる理由を与えることは注目に値します

具体的には、開発者は今週、Location Servicesペインのアップデートを発見しました
ここでは、すべてのアプリケーションに、ロケーションアクセスを許可することに関連する「アプリケーションの使用中」オプションが含まれます

いくつかのアプリはすでにこのようなオプションを特色にしていましたが、Uberのような高プロファイルアプリでは、ユーザーに2つの選択肢(常に場所へのアクセスを許可するか)しか与えられませんでした

これにより、アプリケーションが一貫してユーザーの場所を監視することなく、Uberのサービスを楽しむことが望ましいという点で、一部のユーザーは不安を感じていました


スポンサーリンク





このツイートで

2. 「使用中」の場所は、常にユーザーのためのオプションになりました

iOS 11がベータ版であるため、ほとんどのユーザーはこのマイナーではあるが非常に歓迎すべきアップデートをまだ利用することはできません

iOS 11は今年9月に新しいiPhoneの発売直前に正式にリリースされる予定です

(Via BGR.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)