「iOS 11」で動作するiPhone 8のレンダリング画像

「iOS 11」で動作するiPhone 8のレンダリング画像

まいど、酔いどれ( @yoidoreo )です。

iPhone 8

iDropNewsの今日のレポートによると、iPhone 8についていくつかの詳細が追加されています

iPhone 8に垂直二重レンズカメラのセットアップ、ワイヤレス充電、顔と虹彩の生体認証セキュリティスキャナが搭載されていることが明らかになったとしています
IOS11 iPhone80609 003

iPhone 8の特長

私たちは他のどのプレリリースよりもiPhone X(別名iPhone EditionまたはiPhone 8)についてもっと知っています、私たちはiPhone 8が次の機能を備えていると確信しています

ワイヤレス充電

iPhone 8の回路図は、今後のデバイスの内部に大きな「パッド」を示しています。このパッドはワイヤレス充電を可能にし、iPhone 8のガラスバックパネルによって容易になります

垂直デュアルレンズカメラシステム

iPhone 2は、垂直二重レンズカメラシステムを搭載しています
新機能の拡張現実分野へのAppleの大きな努力のためにカメラの設定が変更され、デュアルレンズカメラを垂直位置に配置すると、拡張現実感を使用しながら携帯電話を風景モードでは使いやすさと効率が向上します

顔と虹彩のバイオメトリックセキュリティ

レーザ及び赤外線センサデバイスの前面には、顔及び虹彩認識などのセキュリティの追加の層を追加し前向き3Dデュアルカメラレンズシステムと連動して動作します


スポンサーリンク



ディスプレイに組み込まれたTouch ID

AppleがiPhone 8のディスプレイの下に「隠された」Touch IDメカニズムを組み込んでいるというアイデアに対して、3月にiPhone 8にはデバイスの背面にTouch IDとの噂もあります
Appleは複数のデバイスをテストしており、最終的には生産するiPhone 8モデルにはフロントガラスに組み込まれたタッチID技術が搭載されると考えています
IOS11 iPhone80609 001

iPhone 8センサーバー

いくつかの詳細は本質的に確認されていますが、他の詳細はまだはっきりしていません、推測に基づいて報告されています

iPhone 8は、デュアルフロントフェイスカメラ、近接センサー、周囲光センサー、イヤーピースを収容するディスプレイの中央に小さなセンサーバーを備えていることが予想される(しかし確認されている)

iPhone 8のディスプレイの上半分は、バーで部分的に覆われているので、AppleがどのiOSデザインの選択肢を実装するかはまだ不明です

  • Appleは、このデザインで2つの方法のいずれか選択します
  • iOSはフルサイズの写真、背景、スクリーンセーバー、アプリなどを表示するために、バーを無視して(提供された写真に示すように)ディスプレイ全体を使用できます
  • より控えめな選択肢は、ディスプレイの中央部分で区切られた部分をブラックアウトまたはホワイトアウトし、バッテリ、信号強度、Wi-Fi強度、時間従来の矩形のディスプレイをそのまま残します

IOS11 iPhone80609 004

画像元:iDropNews
(Via iDropNews.)


「iDropNews」のサイトには他にも多くのレンダリング画像があるので確認してみてください

今回のレポートでもTouch IDの位置が背面なのかデスプレイに組み込まれているのか、確定されていません
これが確認できるのは、もう暫く時間がかかるかもしれませんね

個人的にはディスプレイに組み込んで欲しいと思います


では、では・・・












LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)