ガラスシャーシのiPhone 7とOLED iPhone 8用の次世代iPhoneの量産が開始

ガラスシャーシのiPhone 7とOLED iPhone 8用の次世代iPhoneの量産が開始

まいど、酔いどれ( @yoidoreo )です。

量産を開始

新しいレポートでは、Appleのベンダーは、今年後半に発表される予定の3つの新しいiPhoneモデルの中で使用されるコンポーネントの量産を開始したといいます

すべての3つの携帯電話は、4.7インチと5.5インチのiPhoneモデルは、アルミの金属フレームを備えた強化ガラスシャーシを備えています、5.8インチiPhoneにはOLEDパネルが設定されたメタルフレームと強化ガラスシャーシが搭載されています

Samsungは、新しいプレミアムOLED iPhone 8のためにApple OLEDパネルを供給することを任されていて、今年だけで約8000万のOLEDパネルをAppleに供給することになります



スポンサーリンク




新しい5.8インチのiPhone 8は、これまでにAppleによって発売された他のどのiPhoneよりも高価になりますが、価格を正当化するための多くの画期的な技術が搭載されます

これは、様々なコンポーネントの歩留まり問題のために、発売時に非常に不足することが予想されます

アナリストは、Appleが今年下半期に4.7インチと5.5インチのiPhoneを約2,500万〜3,000万個出荷し、プレミアムiPhone 8の出荷台数は5,000万台を超えると予測しています

5.8インチのiPhone 8は、前面にベゼルレスデザインを搭載しているため、5.5インチのiPhoneよりもコンパクトになり、同時に発売される予定です

また、ワイヤレス充電、高速有線充電、顔認識のいくつかの種類、背面での再設計された垂直カメラの設定、および高速A11チップを備えています

画像元:iDrop
(Via iPhone Hacks, DigiTimes)

これまでの噂では、iPhone 8の発売はiPhone 7s/7s Plusの発売から遅れての発売との噂でしたが、ここに来て同時発売の論調に替わってきています

ただ、発売直後はやはり供給不足でなかなか手に入らない状況が思われます


では、では・・・












LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)