iOS 11.4の新機能、iCloudにメッセージを保管で知っておく必要なこと

iOS 11.4の新機能、iCloudにメッセージを保管で知っておく必要なこと

iCloudにメッセージを保管

本日リリースされたiOS 11.4の新機能にiCloudにメッセージを保管と言うものがあります、これはAppleのデバイス全てでメッセージを同期することができます

一つのデバイスでメッセージや写真および添付ファイルを削除すると、それらは全てのデバイスから自動的に削除されます、新しくデバイスを設定するとこれまでのメッセージ全てがiCloudからダウンロードされ見ることができます

これまでは、新しくデバイスを設定した時はバックアップから引き継がない限りは見ることができませんでした、iCloudのメッセージを利用すると履歴がiCloudに保存されデバイスのスペースが開放されます

スポンサーリンク

iCloudにメッセージを保管する方法

  1. iOS 11.4をインストールされたiPhone、iPadなどで「設定」をタップします
  2. 一番最初に表示される名前が表示されるApple ID、iCloud、iTunes StoreとApp Storeの欄をタップします
  3. IMesse iCloud 001a za

  4. 次にiCloudをタップします
  5. IMesse iCloud 002b z

  6. iCloudを使用しているAppの項目で「メッセージ」を「オン」にします
  7. IMesse iCloud 003b z

iCloudのメッセージでは、最新のメッセージのみがデバイスのローカルに保存されます、これまでのようにそれぞれのデバイスにメッセージの履歴を保持するのではなく、古いメッセージはiCloudに保存されます

古いメッセージはデバイスから削除されることになりますが、履歴をスクロールするとデバイスから削除されているメッセージはiCloudよりダウンロードして表示されるようになります

ちょうど、メモや連絡先、カレンダーなどと同じようになりますが、ただ、Appleは何処までがローカルに保存されているかは明言していません

WebからiCloudにアクセスするとメモや連絡先、カレンダーはWebアプリがあり内容を見ることができますが、メッセージはSafariのブックマークやユーザ辞書、キーチェーンと同じでWebから見ることはできません
IMesse iCloud 004 z
iCloudに保存されると言うことは、iCloudドライブの容量を消費することで、5GBの無料で利用している場合は、有料に変更しなければならなく場合もあることを考えておく必要があります

Macに関しては、現在ベータ版であるmacOS 10.13.5が正式にリリースされれば、「メッセージ」で「環境設定…」>「アカウント」に「”iCloudにメッセージを保管”を有効にする」項目が追加されますに「✓ 」を入れます
MacOS High Sierra imesse 001 z

追記

注意:Apple Watchは、iCloudのメッセージをサポートしていません


では、では・・・

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で酔いどれをフォローしよう!










スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)