化学療法6クール目の1回目

化学療法6クール目の1回目

まいど、酔いどれ( @yoidoreo )です。

IMG 4479a


化学療法6クール目の1回目 2014年12月10日


ジェムザールの点滴が一週お休みになった次のクールは、白血球も回復し何時も点滴が出来る状態になっています。
二週目は、一週目の影響が出るので白血球の問題を何時も抱えています



それだけジェムザールの影響が強いと言うことなのだと思います。


これまで起こった副作用

  • 疲れやすくなった
  • 口内炎が出来る
  • 指先が黒ずんでくる
  • 味覚で甘味が苦く感じられる
  • 高熱が出る
  • 炊き立てのご飯の湯気の臭いが駄目になる
  • 食欲が減退する




これらがずっと続くわけではなく二週間位すると治まって、また新しい副作用が始まると言った感じでした

幸運にも私の場合それほど強い副作用ではなかったので、食事が出来ないと言うことはありませんでした。


手術の問題

年明けの手術の場合はこの6クール目で手術までの3週間は体力の回復に努めるわけで、次回の二回目の点滴の時にどうするかの意思表示をすることになっています











COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 3にゃんママ

     おはようございます。

     何を書いたらいいのか、少し迷っています。

     私には、上に二人きょうだいがいます。その2人とも優しくて、私たちは、とても仲がいいのですが。
     よく思うのですが、諸々の話題についての、感じ方が、ドライか、ウェットか、の少しの違いは、感じます。これまで歩んできた経験値の差が、決断やら、発言やら、態度に出るんだな、って。職種的に、医療に近い方のタイプは、このドライな発想の持ち主です。決して、冷たい性格では、ないです。ウェットタイプは、とことん、どこまでも、優しいので、私などは、安心して、3番手のポジションです。

     なので、3人寄れば、、、のように、いろいろ意見を聞いてみる、、、それなりに経験値の高い方のご意見、お聞きしたい、と、思いました。
     
     

     

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)