【Mac】EyeFiが「Eye-Fi X2シリーズ」を利用出来る「Eye-Fi X2 Utility For Mac」を提供、そのセットアップと管理

【Mac】EyeFiが「Eye-Fi X2シリーズ」を利用出来る「Eye-Fi X2 Utility For Mac」を提供、そのセットアップと管理

まいど、酔いどれ( @yoidoreo )です。

「Eye-Fi X2シリーズ」



2016年9月16日で、Eye-Fi X2シリーズ、また、それ以前の旧製品のサービス提供を終了とアナウンスしています

これによると

  • サポートも完全に終了するために、問い合わせにも対応できない
  • 旧製品用のサーバーが完全に閉じる事になり、Eye-Fi Centerがパソコンにインストールされていても、ログインもできないため、事実上利用は出来ない
  • ダイレクトモード、サーバを経由しない転送等、サーバに接続する必要のない設定をサービス終了前に完了していれば、その後も転送は可能

となっています



スポンサーリンク



Eye-Fi X2 Utility For Mac



国内のオフィシャルサイトでは未だアナウンスはされていませんが、本家のオフィシャルサイトでは「Eye-Fi X2 Utility For Mac」が提供されました

これを利用すると、自動的にMacにEyefiのX2カードから写真を送信することができ、ダイレクトモードまたはインフラストラクチャを使用することができるとなっています

「Eye-Fi X2 Utility For Mac」のシステム要件


  • Wi-Fi機能を搭載したOS X 10.10以降
  • 10MBのハードディスク空き容量
  • 2GBのRAM

*「Eye-Fi X2 Utility For Mac」をインストールする前にEyefiソフトウェア(Eyefiセンター)の以前のバージョンをすべて削除

*Eye-Fi X2 UtilityはMac版のみでWindows版は提供されていません


ダウンロードはこちらで「Download」をクリックします

EyeFiX2 002



 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で酔いどれをフォローしよう!










スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)