macOS Catalina 10.15、2013年以降のプリンターではほぼ完全に動作する

macOS Catalina 10.15、2013年以降のプリンターではほぼ完全に動作する

プリンタードライバー

Macをメジャーアップデートする時、何時アップデートするべきか悩むのがプリンターが動作するかどうかだったりします

メーカーのサイトを見ても、macOSがリリースされた直後では対応に全く触れていない場合も多々あります

MacGanerationによると、macOS Catalina 10.15の下でほぼ完全に動作すると言っています

macOS Catalina 10.15では、プリンターに付属するほとんどのユーティリティを含む32ビットアプリケーションをサポートしません

macOSは何千ものプリンタのドライバを自動的にインストールできるため、ユーティリティはMac上で役に立たないことがよくあります

MacOS Catalina Printer 00002 z

スポンサーリンク

IPP Everywhere

しかし、プリンターの製造元は、ドライバーの必要性をなくすために、IPP Everywhereという標準プロトコルを開発しました

Appleのワイヤレス印刷プロトコルであるAirPrintは、それ自体がIPPに基づいており、IPP Everywhereと広く互換性があります

2013年以降に製造されたほとんどのプリンターはIPP Everywhereをサポートし、ほとんどのワイヤレスプリンターはAirPrintをサポートします

これらのプリンターはすべて、デフォルトでAirPrintまたはSecure AirPrintを使用して、無人のCatalina macOSにインストールできます

AppleはmacOS固有のドライバーを追加しなくなりますが、互換性のあるモデルを引き続きサポートします

プリンター管理ユーティリティは、IPタブを保持し、これにより IPPまたはLPDを手動で構成できます

MacOS Catalina Printer 00004 z

(Via MacGaneration.)


実際、私の「Canon PIXUS PRO-10」は2012年製で、最終のプリンタードライバーは2018年10月11日リリースの「Ver.16.30.0.0」ですが、問題なくプリントアウトできることを確認しています
(付属の「Canon IJ 電子マニュアル」は、利用できません)

MacOS Catalina Printer 00003 z

一部のプリンターは動作しない可能性もあるので、仕事など必要不可欠な場合は、細心の注意を払い互換性のテストをすることが必要です











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)