Apple「Reality Pro」ヘッドセットはAR/VRの切り替え、高度なハンドトラッキング機能を備え、Macのセカンドディスプレイとして機能

Apple「Reality Pro」ヘッドセットはAR/VRの切り替え、高度なハンドトラッキング機能を備え、Macのセカンドディスプレイとして機能

Apple初のAR/VRヘッドセットは今春のどこかで発表される可能性があり、Appleが何を開発しているのか、より多くの情報を提供し続けています、Bloombergの広範囲にわたる新しい報道は現在、Appleの「Reality Pro」ヘッドセットに関する多くの詳細を提供しており、それには「高度なハンドトラッキングが大きなセールスポイントになるだろう」ことも含まれています

Reality Proヘッドセットの機能、デザイン、その他

Bloombergは、Appleの1,000人以上からなる技術開発グループが過去7年間AR/VRヘッドセットの最初のバージョンに取り組んできたと詳細を伝えています

Reality Proヘッドセットの発売時の価格は「およそ3,000ドル」と予定されていますが、これはMetaなどの企業による「競合デバイスのおよそ倍の価格」です

この記事によると、Reality Proヘッドセットの「アイトラッキングとハンドトラッキング機能が大きなセールスポイントになる」とのことです、外部カメラを使用して、ヘッドセットはユーザーの手を分析することができ、内部センサーはユーザーの目を読み取るために使用されます

スポンサーリンク


ユーザーは親指と人差し指でつまみ、何も持たずにタスクを実行します、このアプローチは、通常ハンドコントローラーに依存する他のヘッドセットとは異なります

ヘッドセットのハードウェアの詳細には、ARとVRを切り替えるためのApple Watchに似たDigital Crownがあることが含まれます、VRモードは装着者を完全に没入させるが、ARモードを有効にすると「コンテンツがフェードバックし、ユーザーの実際の環境に囲まれる」、これは、Appleが「製品の目玉」 にしたいと考えている機能の1つだと伝えられています

過熱の懸念に対処するため、Reality Proヘッドセットは「ユーザーのポケットに収まり、ケーブルで接続する」外部バッテリーを使用します、また、ヘッドセットが過熱する可能性をさらに減らすため、冷却ファンも搭載されます

「ヘッドセットはバッテリーパック1個あたり約2時間持ちます」 とBloombergは報じていおり、バッテリーパックは「およそiPhone 14 Pro Maxを2台重ねたサイズ、つまり高さ約6インチ、厚さ0.5インチ以上 」とのことです

スポンサーリンク

その他の情報

  • AR/VRヘッドセットはMacの外部ディスプレイとして機能します、「ユーザは仮想現実でMacのディスプレイを見ることができるが、トラックパッドまたはマウスと物理キーボードでコンピュータを制御することができる」
  • Safari、写真、メール、メッセージ、App Store、Apple TVなどのアプリをヘッドセットで利用できる
  • テキスト入力は、Siriまたは近くにあるiPhone、Mac、iPadから行うことができる
  • Appleは「空中で手でタイプできる技術の開発」も行っている
  • Appleは「VRゲームを動かす独自の基盤エンジン」を開発
  • Reality Proの内部プロトタイプには、USB-C充電機能を備えたバッテリーが内蔵されているものもある
  • Reality Proヘッドセットの最初のバージョンは「アルミニウム、ガラス、クッション」から作られる
  • 「この製品は前面に曲面スクリーンを備え、装着者の目が外に見えるようになっている、側面にはスピーカーがあり、ヘッドバンドが装着者の頭にフィットするようになっている」
  • AppleはReality Proの「没入型ビデオ視聴がコア機能になる」と考えており、DisneyやDolbyなどと提携する可能性があるとしている
  • 「砂漠や宇宙空間などの別の環境で巨大なスクリーンで映画を見ているような気分にさせることができる専用のビデオ視聴機能」が行われる
  • ヘッドセットのFaceTimeは、「バーチャルリアリティでユーザーの顔と全身をリアルにレンダリング」する

(Via 9to5Mac.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)