iPhone 14 Proは、iPhone 14よりも優れたOLEDスクリーンを採用

iPhone 14 Proは、iPhone 14よりも優れたOLEDスクリーンを採用

Appleは、iPhone 14とiPhone 14 Proで異なるグレードのOLEDパネルを使用し、2つのモデルの差別化をさらに進めると伝えられています

Appleに供給するSamsung Displayは、iPhone 14 Proモデルではより高度な素材を使用し、低価格帯のiPhone 14では前世代の素材を使い続ける予定だと、TheElecが報じています

具体的には、SamsungはiPhone 14 ProとiPhone 14 Pro MaxにM12の材料セットを使用するようです、これは、Samsungの次期折りたたみ式フラッグシップに使用されるのと同じOLED材料セットです

OLED材料セットとは、ディスプレイに見られる赤、緑、青のピクセルを作るために使用される特定のコンポーネントです、より高度な材料は、理論的には、これらのディスプレイの性能と効率の向上につながる可能性があります

スポンサーリンク


Samsungは、6.1インチと6.7インチのiPhone 14モデルに旧来のM11材料セットを使用することを決定しています、TheElecによると、その動きはコスト削減のために行われているとのことです

また、下位モデルのiPhone 14には、低温多結晶シリコン(LTPS)薄膜トランジスタ(TFT)OLEDパネルが採用されていますが、これもiPhone 14 ProおよびiPhone 14 Pro Maxに搭載される低温多結晶酸化物TFT OLEDパネルに比べ、先進性に欠けるとのことです

重要なのは、LTPO TFTパネルが、120Hzの可変リフレッシュレートを可能にするAppleのProMotionディスプレイ技術の主要な部分であることが知られていることです

(Via Apple Insider.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)