Apple、自社株買いの資金を調達するために 4 部構成の債券売却を計画

Apple、自社株買いの資金を調達するために 4 部構成の債券売却を計画

Barron’sによると、Appleは自社株買いの資金を調達するために4部構成の社債を発行する準備を進めています

米証券取引委員会に提出された書類によると、Googleは株式の買い戻しや配当金の支払いなど、一般的な企業目的に売却益を使用する予定です

自社株買いとも呼ばれる買い戻しは、公開市場で入手できる株式数を減らすために企業が発行済み株式を購入することです

企業が自社株を買い戻す理由には、供給量を減らして残りの株式の価値を高めるためや、他の株主による支配権の獲得を妨げるためなど、さまざまなものがあります

スポンサーリンク


Appleの社債の償還期間は7年から40年まであります、Barron’sによると、調達額や利率は公表されていません

Apple株は月曜日の市場前取引で1%下落しました

信用格付け会社Moody’sは昨年12月、Appleの長期格付けを「Aaa」に引き上げました、これは、信用リスクが最も低い企業だけに与えられるMoody’sの最高格付け

Bloombergの記事によると、公募価格は55億ドルで、Goldman Sachs、BofA Securities、J.P.MorganがIPOを主導していると、Appleはのべています

同社は2021年7月に同様の公募債を発行し、65億ドルを4回に分けて販売しており、2022年6月25日時点の長期債務残高は947億ドルとなっています

(Source Apple World Today , Via Barron’s.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)