Apple、iPhone 14のメインカメラのレンズはほとんどSunny Opticalを採用

Apple、iPhone 14のメインカメラのレンズはほとんどSunny Opticalを採用

Ming-Chi Kuo氏は、最新の分析で、中国のSunny OpticalがiPhone 14シリーズ用のワイドカメラ7Pレンズの最大のサプライヤーとなり、LarganとGeniusがこの世代の最も重要なサプライヤーであっただろうという市場のコンセンサスを上回っています

Sunny Opticalは昨年からiPhoneのサプライチェーンに加わり、Appleにとってはまだかなり新しいサプライヤーです

現在、同社はiPhone 14シリーズ用のワイドカメラ7Pレンズのほとんどを担っています、とKuo氏は説明します

Sunny Opticalのハイエンドワイド7 Pレンズ (二つのハイエンドiPhone 14 Proに使われている) とローエンドワイド7 Pレンズ (二つのローエンドiPhone 14に使われている) の出荷配分は、それぞれ50–60%と55–65%だった。ラーガンとジーニアスの供給割合はほぼ同じです

Kuo氏は、iPhone 14シリーズのサプライチェーンのシナリオで何が起こっているのかについて、もう少し詳しく説明しています

スポンサーリンク


Larganのワイド7PレンズのASPは、Sunny OpticalやGeniusのそれよりも15~25%高い、従って、Sunny OpticalのシェアアップがLarganの利益に与えるマイナス影響は小さくなります

iPhone 14シリーズでは、カメラに重要な改良が加えられる、例えば、Kuo氏は48MPワイドセンサーが初めて搭載されると予想している

48MPは新しい機能を開放する可能性があります、Appleは12MPでの写真撮影を続ける可能性が高いです、iPhone 14の通常モデルは、すべてのレンズで12MPセンサーを搭載します

6月にKuo氏は、Phone 14がAppleの前面スマートフォンのカメラにおいてもここ数年で最も重要なアップグレードになると述べています

同氏は、新しいカメラにはオートフォーカス機能が搭載され、写真や動画の撮影品質が現行の固定焦点カメラよりも大幅に向上すると予測しており、さらに、より大きなf/1.9口径も期待しています

(Via 9to5Mac.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)