WWDC 2022、iPadOS 16、macOS Mammoth、watchOS、realityOSに搭載される機能と変更点がリーク

WWDC 2022、iPadOS 16、macOS Mammoth、watchOS、realityOSに搭載される機能と変更点がリーク

iPadOSはAppleが本当に取り組まなければならないものです

iPadはおそらく市場にあるタブレットの中で最高のハードウェアを持っていますが、そのソフトウェアが深刻なボトルネックを引き起こしています

M1チップを搭載したiPadが、Final Cutが使えないためにプロフェッショナルなビデオ編集ができないというのは、受け入れがたいことです

というわけで、次のiPadOSのメジャーアップデートで期待できること…

iPadOS 16

リーカーのLeaksApplePro氏によると、iPadOS 16はiPadOS 15と同じデバイスと互換性があるので、Appleが何かを変えない限り、iPadOS 15を持っている人が取り残されることはないと思われ、これはとても良いことだと言います

機能について、長年望んできたもの、つまり真のiPadOSのマルチタスクシステムがついに登場すると述べています

スポンサーリンク


これまでのところ、AppleはiPadで同時に使用できるフローティングウィンドウに取り組んでいると、情報筋から聞いていおり、これは丁度コンピュータで複数のウィンドウを開いているようなものです

これはユーザーにとって素晴らしいニュースですが、一概にも言えないのは情報筋によると、この機能はM1(ともうすぐM2)のiPadでしか利用できないとのことです

もうひとつの特徴は、インタラクティブなウィジェットですが、これはAppleがiOS 16でも発表した場合にのみ実現するそうです

iPadでは完璧に意味があるのでしょうが、異なる機能にもかかわらず、Appleは2つのオペレーティングシステムの間に一貫性を求めています

コントロールセンターの再設計について、同氏の情報筋によると、Appleはコントロールセンターの再設計に取り組んでいるそうですが、最終的に搭載されるかどうかはまだ確認できていないそうです

コントロールセンターは、iPhoneの単なるコピーに過ぎず、iPadのために特別にデザインされたように見せる必要があり、それはAppleができるだけ早急に解決しなければならない問題です

macOS Mammoth

「macOS Mammoth」が正式名称になるようです

macOS Mammothは、パフォーマンスがすべてだと聞いたことがあります、もちろん、ところどころで視覚的な変化はあるでしょうが、Appleは最新のApple製Siliconチップをなるべく有効に使いたい、と言っているらしい

これは非常に理にかなっており、Appleはパフォーマンスを重視していることを肝に銘じておきたい

スポンサーリンク

watchOSとtvOS

LeaksApplePro氏は、tvOSで何が起こるかについては、まったくわかりませんと言います

tvOSについて知っている私の唯一の情報源は、数ヶ月前に、彼はもう情報源にはなりたくないと言い、それを尊重しなければならないので、これ以上詳しいことは言えないと言っています

watchOSに関しては、「ヘルスケア」が改善されたり、「文字盤」が刷新されて新しいコンプリケーションが追加されたりすることは期待できるが、特別なことは期待できません

残念ながら、AppleはこのOSに問題を抱えており、Apple Watchに関しては、Appleがデバイスへのフォーカスを変えない限り、短期的にはあまり改善できないと思われます

他に搭載できるセンサーも少ないですし、Appleは血圧センサーを追加したいと考えていますが、それには時間がかかるでしょう、血糖値センサーも同様です

realityOS

これは、今年Appleからの最も重要な発表かもしれません

まだ詳しいことは言えませんが、同社にとっては、AR/VR時代の幕開けになるでしょう、その後、同社は複合現実 (MR) ヘッドセットを発表する予定です

Appleが6月のWorldwide Developers ConferenceでrealityOSについて話すかどうかはまだ確認できていませんが、Mark Gurman氏はiOS 16は多くのヒントがあるだろうと言っています

(Via iDropNewa.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)